スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年06月19日

GHK マガジン For WA M4

こんばんは、aiです。

先日購入したGHKのM4用マガジンをさっそくバラバラにしました。
今回は分解方法等の紹介ではありません。内部がどうなっているか写真に撮ってみました。


1マス=1cm
TOPのブロック。下の2つの雄ネジにガスタンクをネジ込みます。






ガスタンク内は気化効率向上のためか、パーティションで3分割されていました。


底蓋。ガス漏れ防止のOリングはだいぶ傷ついていました。








リップ、弾装部分が取り外されていますが、こんな感じでマガジンのガワに入ってます。

ちなみに、このGHK M4マガジンはProWinマグに比べて1~2mm厚いようでPrimeロワに入らない&抜けない状態でした・・・。

次回へ続く。  

Posted by にぼし ( ai ) at 00:26Comments(0)GBB Prime M4

2013年04月12日

手軽にスナイパーストック

こんばんは、aiです。

毎回お久しぶりです、という感じになってしまいますね。
更新はこんな感じのスローペースのほうが自分に合ってるのかな、と思います。

今日紹介するのはこちら。




知ってる人は知っていると思うのですが、これだけ見ると「なんだこれ?」ですかね(笑)


今のところ、MAGPUL用とSOPMOD用がリリースされているようですが、今回はMAGPUL用をご紹介。

タイトルにあるとおり、MAGPULストックの後端に取り付けて手軽に本格的なスナイパーストックをつくれるようなアイテムです。


今回は手持ちのUBRで試してみます。

ちなみにCTR、MOE、ACS、ACS-L、UBR、STRと幅広いMAGPULストックに対応しています。

これ自体の本体重量も490g340g程度と軽量なのでCTRなどに取り付けて軽量スナイパーストック!なんてこともできそうですね。
※訂正、重量に間違いがありました。12オンスなので約340gだそうです。

それでは早速取り付け。


まず画像の六角ボルトを外します。


これで上にスライドさせてパーツを2つに分解できます。


UBRのパッドをレンチではずし、S.A.P.R.の基部パーツをボルトで固定します。


次にチークパッドのパーツをスライドさせて装着します。


一番最初にはずしたボルトをしっかり締めて固定します。


ちなみにこのチークパッドの高さの調整幅は最大でこのくらい。結構高い位置まで調節がききます。


写真ではバットパッドがすでに着いていますが、この段階ではまだつけないほうがいいです。


肩に当てて構えた際にちょうどいい位置にバットパッド基部の角度を調整します。

このバットパッド基部の調整も角度、高さともにかなり調整幅があるので体にあった調節が可能です。


角度を調節してレンチで締めこんだあとにバットパッドを装着します。


組み込むとこんな感じになります。

元々スナイパーストックっぽい感じのUBRに取り付けると完全にそれになってしまいますね(笑)

UBRは結構重量があるストックなので、CTRとかMOEあたりの軽量ストックに取り付けるといいんじゃないかと思います。


このアイテムのすごいところは調整幅と、このチークパッドにあります。


搭載してあるスコープなどが破損した際はこのチークパッドを・・・グイッと


ワンタッチでバックアップサイトを使える本来の高さに切り替えることができます。


なーんてことを詳しく紹介した動画があるので参考にどうぞ。




明日は手土産をもっていしやんさんとオフ会です!


追記:

気づかなかったのですが、どうやらStickmanの写真でずいぶん前から紹介されていたようです。
やっぱりCTRについてるほうが格好いいですね。  

Posted by にぼし ( ai ) at 22:56Comments(2)GBB Prime M4

2013年02月02日

少しずつ進化

こんにちは、aiです。

最近の進捗なんぞをご報告しようと思って写真を撮ってきました。


細々としたモノが少しずつ変わってたりします。


この辺とか。


ずっとハイダーがない状態が続いていたので、ようやくですがくっつけてあげました。
7.6インチRASに7インチバレルなので根元が隠れます。サプレッサーなどは付けられない感じですね。


改めて分解組立てしてみて、MRFよりTRXはセンター出しが難しいなーと感じました。
専用バレルナットにボルト2本で固定するかたちなので仕方ないのかな、と思いますが
ボルト5本で固定するMRFは組み込むだけで簡単にセンター出しができました。


再開してから組みたいコンプリートがあって、それに向けてパーツ集めをしています。
どこまで再現できるかが問題ですが・・・。


追記:明日は初の日曜新宿エアボーンにお邪魔しようかと思っています。
    新参者ですがよろしくお願いいたします(+_+)

  続きを読む

Posted by にぼし ( ai ) at 14:56Comments(0)GBB Prime M4

2013年01月27日

ADM AD-21

こんばんは、aiです。

今日はちょっと面白いものの紹介です。


ADM AD-21

これはなんぞや?と思われるかもしれませんが、分かる人には「ああ!この形は!」って感じで分かると思います。


愛用してるバッグです。このバッグに見覚えのある方いたりしませんか?
秋葉原や赤羽フロンティアさんで見かけたら声かけてください(笑)


SureFire HL1-A-TN

そうじゃなくて、こっちですね。

MOLLE Clip で肩掛けにくっつけてます。 
これが意外と便利で、夜帰宅したときとかに鍵を照らしたり、暗い夜道にも大活躍。
常にくっついてるので外出先でPCを組んだりするとき、ケース内を照らすのにも役に立ってます。

そんな感じで便利につかっているコイツを銃にもマウントしたいなーと思っていたときに発見したのがコレでした。


左:旧型 右:新型
可愛らしい箱ですね!
たまたま新旧揃ったので比較レビューなんかもしていこうかと。
とは言っても大きな仕様の違いはないんですけどね。


左:新型 右:旧型
左右入れ替わっちゃってゴメンナサイ。
外見的な違いですが、オートロックレバーの受けネジが新型は非貫通式、旧型は貫通式です。

このADMのオートロックレバーはレイルに合わせてかなり細かく調整がきく優れものです。


まず親指部分にロックボタンがあるので、ボタンを押しながらオートロックレバーを起こします。


次に赤矢印の方向にグイッと押し込みながら、反対側の青矢印のところにある六角の受けネジを回して調節します。

たぶん、どんなレプリカレイルにも対応できるんじゃないでしょうか。
当然ですが、リアルなレイルに取り付ける場合もキツ目、ユル目と調節できます。(ユル目でもガッチリ固定できます)

このオートロックレバーを起こしたときの「シャッ」っとした感じがたまらんですね(´・∀・`)


左:新型 右:旧型
あと外見的な違いはココでしょうか。
旧型には新型にない刻印があります。刻印スキーにとっては旧型のほうが貴重かもしれないですね(笑)


とりあえず合体させました。
さすが専用につくられているだけあって、バチッとはまってくれます。


裏返してみるとここにも刻印が。写真は新型のほうですが、旧型にも同じ刻印がありました。


M4 にくっつけてみました。
なんだかフロントが豪華になった!
ちなみに点灯・消灯がとても操作しやすいです。すばらしい。

でもHL1は普段はバッグにくっついているのでM4にマウントするのはお座敷で遊ぶときくらいかなぁ。
ああ、すっかりお座敷になってしまった・・・。
またゲームに行きたいけど寒くて体調が悪いです(;´Д`)





おまけ↓


  続きを読む

Posted by にぼし ( ai ) at 19:53Comments(11)GBB Prime M4

2012年06月03日

AB製 14.5インチバレル ネジアダプター加工へ

こんばんは、aiです。



エアボーン製 14.5インチ バレル

M203を取り付けるためのクビレが特徴的なバレルです。

ストレートバレルも好きなのですが、これはこれで組みあがったときにしっくりくるんですよね。

エアボーン製は実物バレルから採寸、WA M4へ取り付けた際のアッパーとレイルの隙間を忠実に再現しています。

さらにA7075 超々ジュラルミン削り出し・・・。

それを考えるとお買い得な感じがしますね!



ハイダーは14mm正ネジ仕様。

本音で言うとインチハイダーが取り付けできるようにしたいところ・・・。

新宿エアボーンで相談してみると、「アダプター加工」ができるそうです。

(シルバーのストレートバレルは最初からアダプター加工されていた気がします)

早速、加工依頼を出してきました! (実は先月の話なんですが・・・)

加工には1ヶ月ほどかかるとのことで、出来上がるのが楽しみです。



OPバレルもインチネジ規格だし、インチハイダーを手配しないとなぁ・・・。

Knight's?Noveske?SureFire? 悩みますね。

こういうのは考えてる間が楽しいんですよ。aiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 20:46Comments(0)GBB Prime M4

2012年05月13日

OP ブルバレル 7.5インチ

こんにちは、aiです。


今日は母の日ですね。
最近荒れていた天気も落ち着いて、お出かけ日和。
昨日はとても寒かったですが明日は最高気温23度と暖かさも戻ってきそうです。


本日は番外編です・・・。



OP Bead-Blasted Stainless Barrel 7.5" for WAM4

国内で手に入るWA M4バレルのうち、最高峰と言われる OP バレル です。
これ1本にちょこっとプラスすると次世代電動ガンが買えるトンデモ価格です・・・。

前々から「ほしいな~ほしいな~でも高いな~」とブツブツ呟いていたら友人がお安く譲ってくれました。

オークションで落札したらしいのですが、彼はまったくの未使用で保存していたそうで、実質セカンドオーナーになるのかな?

前のオーナーさんも組込みすらしていなかったようで、ガスブロックやバレルナット取り付け時につく傷もありませんでした。
キレイすぎて組み込むときに傷つくのがもったいないです;;


表面にブラスト処理が施された国産高級ステンレス:SUS303CNC削り出し一本物。 しかも国産。

小ロットでしか製作できず、しかも国産・・・これはあの価格も納得ですかね。  それでもやっぱり手が出しづらいですが・・・。


ハイダーネジはアダプター式になっており、インチと変更が可能です。
購入時に3種類から1つ選べるそうな?  このアダプターも大変高価です・・・。
嬉しいことに、インチネジが付属していました。 実ハイダー持ってないけど・・・(フラグ)



奥:Prime Diplomat ステンレス 7.5インチ アウターバレル 前:OP Bead-Blasted Stainless Barrel 7.5"

・・・ごめんなさい、一度組込みをしてバレルナット取り付け時に傷を付けてしまいました・・・。
両方ともHOP調整用の穴はありません。
RASを組み込むときに問題になってくるフランジの厚みは、OP製ははじめから薄く設計されています。

ただ・・・Prime にはバレル基部のくびれがありませんが、OPバレルにはあります。


実はNoveskeのバレルにはくびれがないんですよね・・・。
OPバレルはブラストがとても美しく、ホームページにも実Noveskeの表面処理と比較した写真も掲載しているので
てっきりNoveskeをモデルアップしたのかと思っていましたが、そうではないようです。
( ※間違った解釈かもしれません。詳しい方がいらっしゃいましたらぜひご説明を・・・ )


この点、Primeはしっかり再現しているのかな、と。Noveskeの刻印も入っていますから、こちらは言い訳できないですよね(笑)



OP バレル:343g


Prime バレル:342g

意外なことに、両方ともほぼ同重量でOPバレルのほうが1gだけ重かったです。
この長さでこの重量・・・おそろしいです。 こんなんで14.5インチだったら・・・(ガクガク


どの角度から見てもキレイですね・・・。
ブラストにもムラが見られません。
ただ、ブラスト加工品って汚れがつくと落ちにくいんですよね・・・。

なんてときはこれ。


WAKO'S シリコーンルブリカント
ブラスト加工されたモノの手入れをするのにちょうどいいんです。
マイクロファイバークロスと一緒にAmazonで購入したのですが、このクロスも結構使い勝手がいいです。
これからの季節、オイルをクロスでなじませて保管してやらないと錆びが出るかもしれないですね・・・。心配です。


TROY TRX STD 7.6"とツーショット。

たぶん組むとしたらこの組み合わせなんじゃないかと・・・。
OPバレルとTRXを並べるとPrimeバレルよりリアルなのでしっくりきますね。

現状、14.5インチのエアボーンバレルを使っていますが、エアボーンバレルはA7075削り出しで軽量、実用的で気に入っています。

それに対して、OPバレルは美術品のようです。

組んだらゲームに持って行きたいと思っていましたが、これを持って外を走り回る自信がないです・・・。

今は予備のアッパーがないので組むことはできませんが、そのうち組んでみたいですね。


先が長い話になりそうですが・・・。

金欠 ai でした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 11:36Comments(2)GBB Prime M4

2012年05月10日

Noveske Gun Fighter チャージングハンドル

こんばんは、aiです。


今朝はとても晴れていたので、窓を開けて部屋の片付けをしようとしていたら・・・突然の豪雨
いや、天気予報では出ていたんですが、あそこまで酷いものとは・・・。
一瞬で畳がびしょ濡れにorz



本日は、前回最後の画像の "アレ" をご紹介します。



Noveske Gun Fighter チャージングハンドル
チャージングハンドルは全然購入する気なんてなかったのですが、ビールボーイのReload M4!のいしやんさんの記事を読みまして・・・。
せっかくなら、新宿エアボーンさんでつくられている "最高のボルトキャリア" に合ったチャージングハンドルが欲しい!と思ったのです。
安い買い物ではありませんでしたが・・・。


白く輝く "NOVESKE" の刻印がまぶしいです。
Gun Fighter のレプリカはよく見かけますが、この刻印のモノはなかったような・・・?


しかもこのチャーハン、BCMVLTORの刻印も入ってるんです!
これはBCMのOEMをVLTORがつくって、そのOEMをNoveskeがつくっているという解釈でよいのでしょうか?


奥:Prime 手前:Noveske
標準のチャーハンに比べて大型のMod4ラッチがついているので、左手の小指だけでも操作ができます。
Prime製にくらべてスプリングのテンションが強めで、ラッチを引いたときも「チャキッ チャキッ!!」という操作感があります。


左:Prime 右:Noveske
Primeチャーハンには先端にスチールのプレートが付けてあります。
これを付けておかないと、ものすごい勢いでブローバックするボルトキャリアの衝撃で、
アッパーのチャーハンのラッチがかかる辺りが潰れてきてしまうそうなのです・・・。
Noveskeチャーハンのほうはガスチューブ用の穴が開いているので、対策パーツがないとダメですね。


奥:Prime 手前:Noveske
こうして並べてみると、Prime製はグレーがかった黒、Noveske製は真っ黒、という印象ですね。
Primeのチャーハンはチャキチャキやってるとラッチのピンが抜けてきてしまうことがあったのですが
Gun Fighterはラッチのピンにかかる負担が少ないつくりになっているそうなので、チャキチャキやりまくっても安心ですね!


と言うわけで装着!

がらりと印象が変わります。



チャーハンを引くと・・・✧*。ヾ(。>﹏<。)ノ゙。*✧
ちらりと見えるNOVESKE刻印が萌えポイントですね。
ホント、これがやりたかっただけなんですが(笑)

嫁に「これがな!この刻印がな!!」と目をキラキラさせながら説明したのですが
熱意が通じたのか、「そうかそうか」と言ってもらえました。(ウヒヒ


エアボーンボルトキャリアが楽しみで待てないaiでした。
  

Posted by にぼし ( ai ) at 22:22Comments(2)GBB Prime M4

2012年05月06日

Iron Airsoft製 ファイアリングピンブロックセット 調整

こんばんは、aiです。

本日、秋葉原のエチゴヤさんへ行ってきました。
お恥ずかしながら、実は初めて行ったんです。
カメラを持っていかなかったので写真は撮れませんでしたが、普段なかなか見れない高額機器(汗)を見ることができて嬉しかったです。


意味の分からない写真シリーズ


ところで、先日交換したファイアリングピンブロック、ボルトストップですが・・・

交換後からボルトストップのかからない不具合が発生し、ぐわああああああああああああという状態でした。
                                                 ↑お察しください・・・

残弾ゼロのマガジンでトリガーを引いたとき、ボルトストップがかからないときの悲しみときたら・・・もう・・・



ボルトストップの干渉しているところをあちこち削りましたが、問題は赤丸部分にあったようです。
なんと、ここがノズルに干渉していたんですね・・・。
ボルトキャリアを取り出してみたら、ボルトストップに干渉する部分のノズルが見事にズタズタになっていました・・・。


はい、比較していただけると分かると思いますが、矢印の干渉部分をガッツリ削りました。


上から見るとこんな感じに。削っては組み立てて試射・・・を繰り返して、ようやくアタリが取れました。


削りまくってズタボロになったままだと可哀想なので、フロンティアさんで
BIRCHWOOD製 Super Blueを購入してきました。


結構ムラになっちゃいましたが、とりあえず傷だらけなのは直ったので・・・
ブルーイングは素人なので勘弁してくださいorz


組み上げた結果、バッチリ残弾ゼロでボルトストップがかかるようになりました!!
キェェェェェェアァァァァァァカカッタァァァァァァァ!!!

やっぱりGBBはボルトストップがかかってなんぼですよね!

無事に動作するようになって安心しました・・・。


ん?最後の写真になにか写って・・・これは・・・? ハイ、次のネタです。たぶん。

安堵のaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 22:10Comments(2)GBB Prime M4

2012年05月04日

Iron Airsoft製 ファイアリングピンブロックセット 組込み

こんばんは、aiです。

最近雨ばかりでまた具合が悪いです(◞_◟;)

早く晴れてほしいという願いをこめて・・・。なんつって。

本日はこちら。

Iron Airsoft ファイアリングピンブロック・ボルトストップ

WA M4に対応するファイアリングピンブロックはNeBula、AABB製がメジャーでしょうか。
KSKという国産メーカーがSUS削り出しのモノを出していたようで、シルバーと黒染めがあったようなのですが絶版してしまったようです。(詳しく分かりません)

なぜIron製にしたかと言うと、もちろんこいつが黒いからです。
いや、染めればいいのかもしれないですけどね・・・。



パーツ構成はこんな感じです。
細かいスプリングが2本、ピンが1本入っているので紛失しないように気をつけてください。


組み上げるとこんな感じです。


ボルト1本締めて、ピンをさすだけなので簡単です。


見えないところなのですが、矢印部分の仕上げがいい加減でした。
バリが残っていたり、峡谷のようになっていたり・・・。贅沢を言うと、こういうところもきれいに仕上げてほしいですよね。


純正ファイアリングピンブロックを取り出して気づいたのですが、Iron製には赤丸のパーツが付属していませんでした。
販売元が送料の節約でブリスターパックから出して袋詰めしていたようなので、そのときに紛失したんじゃ・・・とか思いましたが実際どうなんでしょうね。
赤丸のパーツは矢印部分に入っていたものですが、Iron製に移植してやりました。



Iron製はそのままではロアフレームに入らなかったので、矢印の部分を削りました。
ここはアタリを見て削り過ぎないようにしましょう。


実は一番当たっているのはこっちでした。
矢印部分のシルバーになっているところをまるごとリューターで削り飛ばしました。

へたくそな手加工なので傷らだけに・・・せっかく黒いのに・・・染め液買って来ないとですね(汗)



Before:純正ファイアリングピンブロック


After:Iron製ファイアリングピンブロック

細かい差ですが、フィールドストリップしたときの印象が変わりました。

無意味にフィールドストリップしてニヤニヤするわけですね。


しかし問題も・・・そのまま組んだ状態だとPro-winマガジンでボルトストップがかかりませんでした・・・。

純正に比べて寸法がきっちりしすぎていて遊びがないので、それが原因かと思いますが・・・。

今日は削る元気がないのでここで終わりです。


更新再開1記事目のaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 23:49Comments(2)GBB Prime M4

2011年11月01日

Iron Airsoft製 フォアードアシストノブ 組込み

こんばんは、ai です。

予告しておいてアップが遅くなってしまいましたが
Iron Airsoft製のフォアードアシストノブを手に入れたので取り付けてみました。


Iron Airsoft製のフォアードアシストノブ
なんでも、Prime アッパーに取り付けると実物同様の寸法になるそうで。
国内の送料込みで中華通販するのと同じ値段のお店があったので購入してみました。


早速こちらのPrime アッパーに取り付けてみます。


取説も何もありませんが、部品数が少ないので簡単に組めると思います。


まずはノブ本体にスプリングを入れて・・・


こんな感じでツメの部品を入れます。


スプリングピンを入れたらノブの形は出来上がります。


あとは大きなスプリングをノブに取り付けて、アッパーに組込みます。


MURの場合は写真の部品の下側からスプリングピンを押し込みます。
上からは入らないので注意してください。


最後にアッパーにアシストノブ一式を組み込んで・・・と思ったら問題発生。

アシストノブを押し込んでもピクリとも動きません。


原因は矢印の部分がアッパー本体と干渉しているためでした。
スチール製のアシストノブですが、金ヤスリでガリガリ削っていきました。


このアッパー本体の溝にスムーズに入るようになるまで削ればできあがり。
結構削りました。



組み込みが終わったPrime M4とWA M4を見比べてみると、ノブの露出している長さが違いますね。
Iron製のフォアードアシストノブのほうが、より実銃に近いそうです。
なるほど、全然違かったのか・・・。



ところで、明日はバトルシティユニオンへkajuberuさんと参戦予定です!!
平日の水曜日参加は初めてですが、あまり早く行き過ぎて不安にならないように前回の土曜日よりは遅めにでる予定です(笑)
寒くなってきましたが、Prime M4はまともに動いてくれるでしょうか・・・。
現在運び込む荷物の準備中です~。


寒さに弱い aiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 18:51Comments(6)GBB Prime M4

2011年10月24日

TROY BattleRail MRF - MX 10" の隙間

こんにちは、ai です。

先日、lightstaff さんに教えていただいた、MRFの隙間...



気になったので自分でGoogle検索してみても、どうやら実際の隙間のサイズと違うらしい?

現状、0.8mm程度の隙間があいています。

一度気になりだすと夜も寝れない状態になっちゃいますorz


だがしかし!!

以前、どこかで教えていただいた方法で確認してみました。( たぶんエアボーンさんだと思いますが・・・ )


アッパーとMRFをまたぐレイルのコマ数は"2コマ"です。
その長さは・・・15mm !!


さらに、MRFの"2コマ"分の長さも・・・15mm !!

つまり、アッパーとMRFをまたいでスコープなどの光学機器をマウントした場合もここの長さが一致していれば
問題なく装着できるということなんです!! (たぶん)

と言うわけでぐっすり眠ることができました・・・。




あれっ・・・?

でもGoogleで検索した動画とかのはもうちょっとぴったり組んであったような・・・

いや、でもこれ以上ぴったり組んだら2コマ分の距離が縮まっておかしな寸法になるし・・・

どういうことなの/(^o^)\


混乱するai でした。
  

Posted by にぼし ( ai ) at 13:05Comments(4)GBB Prime M4

2011年10月22日

TROY BattleRail MRF - MX 10" 組込み

こんにちは、ai です。

先日のTROY BattleRail MRF - MX 10" をPrime M4に組み込んでみました。

レプリカを含めてMRFを持っていたことがなかったので、MRFの組込みは初めてでした。
もうMRFなんて今更・・・と思われる方がほとんどかと思いますが、頑張って写真撮りましたorz


バラしてみるとこんな感じです。
部品数は大きく3点。
左から、トップレイル、ボトムレイル、レイルクランプになります。
あとは黒スクリューが4点と、シルバースクリューが1点です。


まずは、M4をフィールドストリップして、アッパーレシーバーを外した状態にします。
ロワレシーバーが付いたままだとクランプを取り付けることができませんでした。
ついでに、デルタリングが付いている場合は取り外しておきます。
バレルナットのサイズは標準サイズなので、TROY TRX用のバレルナットとは互換性がありません。
ちなみに、今ついているのはDPMS製です。


トップレイルをバレルナットに噛ませます。
Primeアッパーだとトップレイルがツライチになる・・・かもしれません。


次にクランプをトップレイルとバレルナットに噛ませますが、ここではまだスクリューは締め込みません。


ボトムレイルの赤丸のツメ青丸のヘコミに、10インチだとそれぞれ3箇所、計6箇所あるのではめ込みます。
このとき、クランプのスクリューを締め込んでしまっていると、ヘコミにうまく入れることができません。


ボトムレイルを矢印の方向にスライドさせます。


ボトムレイルのスクリューをゆるめに締め込みます。
この段階では完全に締め込まないのがポイントらしいです。(取説参照)


クランプのスクリューを締め込んでいきます。
このスクリューは4つのスクリューを対角でバランスよく締めていくのが大切です。
1回30度くらいで締めていくとバランスがよくなると思います。

レイルを組み込む際によくアッパーとレイルを繋ぐ治具を使ったりしますが、取説では治具を使わずに組み込んでいました。
今回は取説に従って・・・と言うより、引越しで治具をどこかにやってしまったので治具を使わずに組み込んでみました。


こんな感じなのですが・・・う~ん?微妙に傾いてる気も・・・。
結局この後1時間くらい格闘して自分が納得できるようにビシッと真っ直ぐにできました!! (当社比)



アッパーの全体像はこんな感じになりました。
ちょうどガスブロックが隠れるサイズのレイルなので見えませんが、ガスブロックとガスチューブが付いていません。
これもそのうちなんとかしなくては・・・。
ついでに、フォアードアシストノブも付いていないので近々付けてあげる予定です。

それにしても、10インチレイルって想像以上に格好いいですね!!
元々長モノが好きなので自分の好みにぴったりでした。



のんびりペースになりますが、これからもぼちぼち更新していきます。

次回はフォアードアシストノブかな? ai でした。
  

Posted by にぼし ( ai ) at 16:41Comments(4)GBB Prime M4

2011年10月20日

TROY BattleRail MRF - MX 10"

こんばんは、ai です。

念願のPrime M4、そのフロント部分を何にするか・・・

実は、ずいぶん前から「もし自力でPrimeを手に入れたら」的な構想をしておりまして・・・。

そのときから決めていたのが、こちら。


TROY BattleRail MRF - MX 10"
以前、激安で販売されているのを発見して衝動買いしてしまったモノです。
トイガン関連ではあまり衝動買いという行動をしないように心がけているのですが、あまりの安さについ・・・。


TROY刻印のアップです。


レイル上面のアップ。

TROY製品は表面処理が比較的キレイだと思っていたのですが、MRFは微妙に「う~ん」なところがありました。
新品のくせにあちこちに小傷が目立つし、製造時にできた塗装ハゲをリペイントしたような跡があるし・・・。
まあ、これがメイドインUSA" 使用に問題ない傷 "ってやつなんですかね・・・。



せっかくなので、TROY TRX STD7.5"との比較でも。


TRXに比べて、MRFは若干光沢のある黒。真っ黒です。
TRXは若干マットがかった黒でしょうか。
二つ並べてみないと分かりませんでしたが、結構色の差があったんですね。


14.5インチバレルのアッパーと並べてみるとこんな感じです。
10インチレイルはちょうどガスブロックがすっぽり隠れるくらいの長さですね。
この長さには実は隠れたこだわりがあります。
( まだ完成までは遠いので内緒にしておきます・・・ )



MRFとTRXでは、それぞれ固定方法が異なります。
MRFは標準サイズのバレルナットにボルト5本で固定するのに対して、
TRXは専用の大型バレルナットにボルト2本での固定になります。
この、バレルナットのサイズの違いが結構難点だったりするんです・・・。
互換性がないので簡単に交換~とかはできないんです。


横幅はほんの若干MRFのほうが細いです。
最近はDanielDefenseのオメガレイルや、TROYのTRX エクストリームなど細身のレイルが人気ですよね。
そういう意味では時代に逆行したチョイスだったのかも・・・。

でも "MRF" じゃないとダメなんです!!


さて、次回はレイルの取り付けをば・・・。

TROY派 ai でした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 23:53Comments(0)GBB Prime M4

2011年10月17日

Prime レシーバーセット for WA M4 !!

こんばんは、aiです。
ご無沙汰しております。
しばらくネタもなく、ゲーム参加もできず、しょんぼり気味になっていました。



しかし


ついに、ヤツがうちにやってきました。





Prime レシーバーセット for WA M4

ちょっと早めの誕生日プレゼントということで、出張帰りの某Tさんから贈られてきました。
一生大切にします。本当にありがとうございましたm(_ _)m
本当は格安で譲っていただける予定だったのですが、プレゼントだなんて・・・本当に良かったんでしょうか?(汗)


しかも!! イチバンほしかったTROY刻印のロワレシーバー!!
刻印はレーザー刻印になっているそうで、抜群に綺麗です(^^)


若干の傷はあるものの、組込みは一度したのみと伺っております!!


一応、WA純正のインナーパーツ類を組込みました。
Primeサイズには純正パーツは使えないんだと思っていましたが、インナーパーツは互換性がありました。


アッパーレシーバーはVLTOR MUR-1でした。
このアッパーはフリーフロートのレイルを取り付けることを前提として強化されたモノらしいですね。


ポートカバーの引っかかりの部分が削られておりますが・・・これは要交換だそうです。
でも部品交換は楽しみでもありますから、手がかけられるのは嬉しいですね~。
・・・・・・地獄の始まりとも言うそうですが(汗)


裸のままでは寂しいので、TROYのグリップを付けてみました。
これは、今まで使っていたWA M4のパーツを総入れ替えになってしまいそうです。


動作させるまでが大変と聞きますが、これから色々といじっていくのが楽しみです。


Happyなaiでした。
  
タグ :Prime M4GBB

Posted by にぼし ( ai ) at 17:43Comments(8)GBB Prime M4

2011年09月24日

Prime バレルエクステンション

こんばんは、aiです。

先日、新宿エアボーンさんへお邪魔したときにこんなものを手に入れました。


Prime バレルエクステンション

ステンレス製でCNC加工されているのでエッジがすばらしいです。
エアボーンさんへちょこちょこお邪魔していたのですが、先日行くとPrime製品がごっそりなくなっていました。
なんでも今後の入荷が厳しくなるんだそうな。

それはいかんと思い、前々から狙っていたバレルエクステンションだけ購入してきました。


この手の加工製品を見ると毎度思いますが、本当に芸術のようですね。
実RASなんかと同じくらいエッジがきれいだと思います。


以前購入したPrime Noveske 7インチ ブルバレル


なんとな~く 合体 させてみました。

このシルバーのバレル、とても素敵ですね。
残念ながら今手元に7インチバレルに合うRASがないので組むことができませんが、そのうち組んでみたいです。
ついでに言うと、まだPrimeのフレームもないんです。
( Tさん、楽しみにしておりますです(*´ー`*)b )


ちなみに、フルスチールなのでインナーバレル一式組込み済みでこの重量。

500mlペットボトルとたいして変わらないんですよ・・・。
こんなのがフロントに付いたら、ストックとかは軽めのやつにしないと肩泣かせの銃が完成すること必至ですね・・・。


M4妄想でご飯3杯はいけるaiでした。


  

Posted by にぼし ( ai ) at 00:12Comments(0)GBB Prime M4