スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2010年08月30日

ENDO × 遠藤 徹底比較レポ

こんばんは、aiです。

体調を崩して長らく更新できずにいました。
どうも夏という季節は私の体に合わないようです。
エアコンの風に大変弱く、30秒も当たっていれば具合が悪くなります。
扇風機の風もまたしかり。

しかしながら、更新停滞中も意外と足あとを残してくださる方々がいらっしゃいまして
こんなブログでも読んでくださっている方がいるんだなぁと、感謝の極みでございます。




さてさて、本日は「徹底的に ENDO × 遠藤 比較をしてみた」ということですが、まず1枚。

左:ENDOさん 右:遠藤さん

まず外観ですが、この色味の違いは照明の当たり方ではございません。
ENDOさんより遠藤さんのほうが色黒でいらっしゃいます。
使用されているプラスチックの材質の違いではないでしょうか。ENDOさんは1tの車に踏まれても変形しません。 プラスチックなのにアイアンマンですね。



各部の詳細比較を見てみましょう。



まずは気になるロゴ。

上:ENDOさん 下:遠藤さん

初めて遠藤さんを見たときは、「うわぁ、ロゴまで丸コピだなぁ」と思ったのですが
よ~くよく見てみると、ロゴのフォントは違いますね。まったく同じではないようです。
今更ですが、ENDO TACTICALの商標は大丈夫なんでしょうか?まぁ、中華ですから何言っても無駄でしょうけど・・・。
この時点で分かりますが、遠藤さんには結構目立ったバリがあります。




次に、ENDOさんの社訓(?)です。

左:ENDOさん 右:遠藤さん

「EVERYDAY, NO DAYS OFF」、「休みの無い毎日」ですかね?
これも遠藤さんを初めて見たときには「完全にコピーされているなぁ」と思っていたのですが
遠藤さんは刻印の凸部分がENDOさんに比べると薄いんですね。光を当てて反射させないと文字が読めません。




さらに細かい、ENDOさんのロゴマーク(?)です。

左:ENDOさん 右:遠藤さん

まさかここまでコピーされているとは思いませんでした。
最近の中華は実物とソックリなモノをつくるのにこだわりがあるんでしょうか。この刻印を見たときはゾッとしました。
しかし、やはりENDOさんと比べると遠藤さんのロゴは薄いですね。写真に写すのも大変でした。



刻印は続きます。

左:ENDOさん 右:遠藤さん
上段 「MADE IN USA」
下段 「PATENT PENDING」
いやいや、遠藤さんは嘘ついちゃいけませんよ。


左:ENDOさん 右:遠藤さん
この刻印って、どういう意味なんでしょうね。TSA-G のGはグロックのGでしょうか。
遠藤さんも薄いですが、とりあえず再現されています。




次に、刻印以外の外観、仕様について見比べてみましょう。




グロックとの接合を支える、アーム上部分です。

左:ENDOさん 右:遠藤さん
あれ、何か違います。
画像下の部分ですが、遠藤さんはセレーションが1つ多いですね。
バリは仕様です。




グロックのフレームと接触して支える部分です。

左:ENDOさん 右:遠藤さん
ここ、非常に大切な部分です。つくりが甘いと取り付けた際にガタが出ます。
やはり遠藤さんはつくりが荒いです。でも実際取り付けてみるとしっかり固定されるというお話をうかがったのできっと大丈夫だと思うのですが・・・。
ゲームでの耐久性は疑問です。





アームの内側部分です。

上:ENDOさん 下:遠藤さん
ENDOさんのシルエットは実に美しいですね。見てるだけで鼻血が出ます。
遠藤さんには残念ながらバリが目立ちます。ゲート跡もバッチリ残っているので、どうにかして消してやりたいですね。
まぁ、手が掛かる子ほど可愛いと言いますし・・・。




グロックとの接合をより強固にするためのピンです。

左:ENDOさん 右:遠藤さん
決定的に違うのはこの部分でしょうか。
ENDOさんのピンは金属製なのに対し、遠藤さんはプラスチック製です。
ついでに言うと、ENDOさんの金属ピンには抜け防止のためのボールが仕込まれていますが、遠藤さんにはそういった対処はまったくありません。
グロック 18Cなどに取り付けた場合、かなりの振動が来るのでタイトに入っていないと抜けてしまう恐れがあります。
ここにも遠藤さんはゲート跡とバリがありますが、仕様です。頑張って消します。




さらにピンを差し込む穴部分です。

左:ENDOさん 右:遠藤さん
ENDOさんはデフォルトで穴の入り口が広めに取ってあります。
実は遠藤さんにはこの処理がされていないため、穴の位置がずれていると結構加工が必要になるんですよね。




次に、気になる耐久性
ただ手で曲げてみただけですけどね。





ENDOさんの場合。
外側に向かって力一杯引っ張ってみました。

写真を見比べても何も分からないかもしれませんが、手の力ではほとんど曲がりませんでした。
さすが1tの車に踏まれても変形しないだけのことはあります。





遠藤さんの場合。
やはり写真で見ても分からないと思ったので、赤線を引いてみました。
実際に遠藤さんをお持ちの方はやってみれば分かると思うのですが、手の力で開きます。
やっぱりプラスチックの材質の問題なのでしょうかね。耐久性はどうなのでしょう。
実際ゲームで使ってみた方のお話を聞いてみたいです。




おまけ

HERA Armsのグロックカービンに負けてないでしょう?
個人的にはグロックのシルエットが気に入っているので、それを崩さずにストックが取り付けできるのはとても素晴らしいと思います。

徹底比較レポのはずが、肝心のストックパイプ部分の比較ができませんでしたね。
実はUBRが取り付けてあるので、それを分解して写真を撮るのが大変面倒でしtゲフン ゲフン
いまのところ不具合報告は聞いておりませんが、耐久性には問題ないのでしょうかね?
また機会があればレポに追記しておきます。




記事を書いていたら深夜になってしまった・・・。
眠いaiでした。
  

Posted by にぼし ( ai ) at 02:16Comments(4)ENDO tactical

2010年08月22日

本日はサバゲー参戦!! のはずでした・・・。

こんばんは、風邪引きaiです。
このブログを読んだ人は風邪が伝染ります。(うそですごめんなさい)


本日はサバゲーに参加の予定だったのですが、残念ながら体調不良のため参加できませんでした。
ご一緒させていただく予定だったにーさん、ギリギリの予定変更になってしまい申し訳ありませんm(_ _)m


準備もバッチリだったのですけどね~・・・。
きょうは前回のゲーム中に弾ポロしていたカートの調整などなどをしていました。
ここで1つ問題が・・・。
POMグレはバルブパッキンが日本製ではないので、劣化してバルブからガスが漏れる症状がありました。
このバルブはこの間対処したガス注入バルブではなく、本体のバルブです。
う~ん、交換用のパッキンも販売はしているけど、中華製なんだよなぁ・・・。
また規格の合いそうな日本製パッキンを探すしかなさそうです。



ところで、ミリブロにはアクセス解析なる機能が付いているのですね。
たくさん見ていただいている記事について、ちょっとコメントしてみようと思います。

プレビューランキング
1位 MAGPUL PTS PRSストック

うれしい結果ですね。
このブログを始めるきっかけになった記事です。
次世代M4にMAGPUL PTS PRSストックを付けようと思ったときに
ミリブロ「好きなコト続けよう!!」のにーさんが書かれた記事がとても参考になり、
私もこんな感じで参考になる記事が書きたいなぁ。と思ったのがミリブロを始めたきっかけでした。
いまでは、サバゲーに、フロンティアさんのイベントにと、にーさんにはお世話になっていますm(_ _)m

2位 POMグレネード

はい、きっと上位にランクインしているであろうと思っていたPOMグレネード。
元々次世代M4の記事を中心にアップしていくつもりだったのですが、ちょっとしたきっかけからPOMグレネードに興味を持ち
いまではPOMグレを35発も所持しています。
暑くてつらい時期ですが、POMグレをぶっ放しているときは気分爽快!?
メンテナンスに関する記事も大量にアップしているので、ぜひご覧ください。

3位 KSC グロック18C の修理

う~ん。私の大好きだったKSC グロック18Cです。
初サバゲーのときに初ヒットを取ったのもコイツだった気がします。
いまではトリガー不調の修理と格闘の末、諦めてマルイのグロック18Cに乗り換えてしまいました。
マルイに変えてからも、やはりKSCの良さというのを忘れられないでいます。
もう少しゲームで使える耐久性を兼ね備えていれば、メインウェポンとしても運用できたのに・・・。
ゲームで使うならやはりマルイなんですね。


と、たくさんプレビューをいただいて、ありがとうございます。
毎回いただけるコメントがかな~り励みになっております。
これからもいろいろレビューやら何やらをアップしていきますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

次回は検索ワードランキングでもやろうかな。
何度風邪を引いたら夏が終わるんだろう・・・aiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 22:03Comments(2)つぶやき

2010年08月22日

フロンティアのシューティングレンジに行ってきました②

こんにちは、aiです。


昨日、赤羽のフロンティアさんのシューティングレンジに行ってまいりました。

今回はミリブロのじっぴーさんにーさんと3人で利用させていただきました。
じっぴーさんとは初オフとなりましたが、とても楽しくて有意義な時間が過ごせて良かったです(^^)
3人で行くと個々の動きが面白かったですね。
私はずっとグロックをいじっているし、じっぴーさんはレンタルガンをガンガン撃っていて、にーさんはお話とレンタルガンがメインでした(笑)
でも普段家にいるとなかなかできない集中した作業が安心してできるので、とてもいい環境ですよね。

今回はレンジの受付(1F)で工具(ヤスリ、ペンチ、黒マジック)まで貸していただいて、「あっ、あの工具忘れてしまった」というときにとても助かりました。
快く工具まで貸していただいて、ありがとうございましたm(_ _)m



充実のレンタルガン、今回はじっぴーさん、にーさんともに各社のGBB M4を試していましたね。
私が一番印象的だったのは、マルイのM4 CRWですが・・・。
箱出しであのサイクルすごいですね。私も欲しくなてしまいました。



私は当日の朝に届いたShooters Design製 マルイ グロック18C用アルミスライドの組み込みをしていたのですが
ポン付けとはいかず、ずーっとすり合わせをしていました。
にーさんにすり合わせについて丁寧に教えていただいたので、家に帰ってからもしばらくチャレンジしていたのですが
なかなか動作が安定しなくて、結局ノーマルスライド×アルミアウターで落ち着いてしまいました。
う~ん、すり合わせ難しいです。

先日フレーム分解の記事も書いたので、スライド分解についてもそのうち記事をあげたいですね。


今回のシューティングレンジは約2時間予約を取ったのですが、2時間でも短く感じました。
最初は長いかな~?と思っていたのですが、やっぱり楽しいと時間がすぐに過ぎてしまいますね。
ご一緒いただいたじっぴーさん、にーさん、また機会があったらぜひよろしくお願いします(^^)





ところで、帰宅後。
徐々に体調が悪くなっていって、結局夜には風邪が完全にぶり返してしまいました。
本日サバゲー参加予定だったのに、またいけなくなってしまいました(泣)
にーさん、予定が変わってしまって申し訳ありませんでしたm(_ _)m

風邪でダウンのaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 15:29Comments(2)赤羽・シューティングレンジ

2010年08月20日

マルイ グロック18C をカスタム②

こんにちは、aiです。

先日、グロックにドットサイトを取り付けるためのマウントリングを購入してきました。


NOVEL ARMS 30mmチューブ対応 ローマウントリング



固定用のネジがメカボと同じ星型のヤツでした。
普通のレンチが使えないので、フィールドに持って行くツールが増えてしまう・・・。
リングの縦幅は大体25mm程度。
お古のマルイ製ダットサイトの前部が約20mmなので、ちょっとへこむようなかたちで取り付けます。
マウントリングとダットサイトがぴったり一面にならなくてもあまり気にならないのでいいのです。



全体像がこんな感じに。
スコープが乗っていた頃よりマシになりました。
だいたい10mぐらいでサイトも調整してあるのですが、バシバシ当たります。



最近ふと思ったのですが、ENDOの良さは「頬付けしてグロックのサイトが使える」ことじゃないでしょうか。
FPGやHERAはレイルとストックが一直線になってしまうので、どうしても頬付けするとエイミングが難しいです。
ENDOの場合は頬付けした状態で、グロック本体が一段上に来るので、サイトで狙うも良し、ダットで狙うも良しです。

ちなみに、ENDOでM4ストックを取り付けた状態に、ドットサイトを付けるならローママウントがいいと思います。
ハイマウントのマウントリングしか手元になかったので、ハイマウントを使っていましたが
ドットサイトの調整がとても難しいです。
上下の調整で、限界まで回しても10mで照準が下にずれたりしました。
ローマウントでこれは解消されましたが。


本日届く予定のENDOレプリカとShooters Designのアルミスライドはまだ届きません。
あしたのシューティングレンジには間に合わないかな・・・?

マウントリング高かった・・・
散財aiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 16:58Comments(2)マルイ グロック18C

2010年08月19日

マルイ グロック18C のカスタムを考える

こんばんは、aiです。
19日まで不在の予定だと思っていたのですが、18日まででした。
本日帰宅いたしました。

ところでですね。
1泊2日で田舎へ川遊びに行ってきたのですが・・・
途中母が倒れて、救急車で運ばれました。
激しい腹痛、嘔吐、下痢、本人は自力で立ち上がれない状態でした。
と言うか体勢すら変えられない状態。

病院に着き、診察結果は「胃腸炎」。食中毒の気があるとのことでした。
夏場の異常な暑さで食べ物が痛んでいたのでしょうか・・・。
みなさんも夏の常温放置した食べ物は食べないように気をつけてくださいね。


・・・私も帰宅後に突然熱が出て、寒気がします。
同じく嫁さんも寒気と頭痛、腹痛で寝ています。
いったいどうなっているんでしょうね。


ところで、きょうはマルイ グロック18Cのお話です。


画像が使いまわしでごめんなさい。寒気がやばいので写真を撮る元気がありませんでした・・・。
ふざけてこんな状態にしていたときもありましたが、現在はちゃんとダットサイトを載せてあります。
マルイ純正のダットなのですが、手元にハイマウントリングしか無いため近距離だと照準が下にずれます。
そのうちC-MOREを・・・と思っているのですが、ゲームで使うならやはりレプリカでしょうか?
実物を使ってレンズがパリンッなんて考えたくないですしね。


そうそう。
今度はアルミスライドを導入したいと思っています。

現在私が知っているメタルスライドは・・・
①DETONATOR製 CNC アルミスライド
②PGC製 アルミスライド(CNC仕上げ)

ここまでは有名ですね。
③DETONATOR製 CNC ハイブリッドアルミスライド
④Shooters Design製 CNC アルミスライド

と、いろいろあるんですね。


DETONATOR製はポン付けOKという話を良く聞きますね。15,000円~18,000円ぐらいですか?
それと私、DETONATORというメーカーがどこの国のどんなメーカーがまったく知らないのですが
情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お教えいただけるととても嬉しいです。
サ●コーのハイブリットスライドは素晴らしい値段ですね。買えません。

PGC製は鋳物なのかな・・・?仕上げだけCNCでしているという話をどこかで読んだ気がします。
グロック17時代から結構なすり合わせが必要ということで、同じような値段ならDETONATOR製にしますよ。

Shooters Design製は6061アルミニウムをCNCマシンで加工したモノだそうです。
6061アルミって何?と思ってちょっと調べてみたのですが、
強度、耐食性に優れていて、主に構造用材として使用されているそうです。つまり耐久性抜群!!
さらに「特に6061アルミは熱処理型の耐食性合金で、耐力25kg/mm2以上でSS400に相当し、設計上たわみを問題としなければ、同等の許容応力がとれるという利点がある。」
らしいのですが

・・・・・・・ごめんなさい、意味不明です。

とりあえず、鉄塔やクレーンなどに用いられるらしいということが分かりました。

こんなお墨付きなアルミが原料になっているのなら、Shooters Design製にするしかないでしょう!!

と言うわけで、注文しました。
明後日あたりに届く予定です。
ちょうどDさんからENDOのレプリカも届くころでしょうか。
土曜日にはじっぴーさん、にーさんとフロンティアさんのシューティングレンジでプチオフ会です。


楽しみは重なるもんですが、体調が悪くて困ります。

寒気がする・・・aiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 00:07Comments(11)マルイ グロック18C

2010年08月17日

HERA とENDO の レプリカ

おはようございます、aiです。

最近あちこちで目にする
「HERA ARMS グロック・カービンキット レプリカ」
「ENDO tactical Stock Adapter レプリカ」

HERA ARMSのカービンキット レプリカは見た目からも一気に人気が上がりましたね。
ENDO tacticalは未だに「ENDO」の名前入りで販売されているところがありませんが。意匠の関係ですかね?

ところで、これらのパーツを購入するときの注意点があります。

HERA ARMS グロックカービンキット には2種類あるのです。
マルイグロック用KSCグロック用が。

ご存知ない方が、KSC用を購入してマルイグロックに装着して「スライドがこすれる~~」と言っているのをよく目にします。
そりゃ、グロック17用のホルスターに入らないマルイグロックを無理やりグロック17用ホルスターに押し込んでいるのと同じですもの。
削らないと入りませんですよ。

「どうなんだろう?」と思うのが、このKSC用、マルイ用と明記しないで販売している販売店。
マルイ用に買ったのに、KSC用だったとか・・・その逆は入ると思うのでいいですが。

明記せずに売っている販売店様には誤解の無いように明記するよう改善してほしいものです。


ちなみに、ENDOのレプリカはノーブランドとV-tech製があるようです。
どちらも「ARMY」製グロック向けにつくられたモノのようですので、基本は加工が必要ですね。


両方とも調べれば分かることなのですが、目の前の情報のみで購入判断してしまうと失敗する恐れがあります。
ご購入の参考になれば、と思います。



19日まで不在のaiでした。

  

Posted by にぼし ( ai ) at 08:54Comments(2)つぶやき

2010年08月14日

マルイ グロック18C をカスタム

こんばんは、aiです。

お盆だと言うのに、仕事がやたら忙しかったです。
今朝ようやく納品して肩の荷がおりました。


ところで、いよいよHERA Arms グロック用カービンキットレプリカ
ENDO tactical Stock Adapterレプリカが国内で流通し始めましたね。



ENDO tactical Stock Adapter +MAGPUL UBR


かく言う私も、にーさんに教えていただいた「Dさん祭り」に参加してENDOのレプリカを購入したわけですが。
これは実物との比較用に購入しただけですが、まだ手元に届きません。
手元に届いたら実物比較レポする予定です。



先ほどの写真でお気付きの方もいらっしゃると思いますが、フリーダム・アート製 TACマウント Typeeを購入しました。

しかし、取り付けてみると・・・むむ・・・?


パッケージの装着例を見ると、トップレイルとアンダーレイルを装備していて、
アンダーレイルにも20mmマウントリングを取り付け可能っぽい雰囲気があります。



しかし、現物を見てみると・・・溝はあるものの、20mmマウントリングは取り付けできませんでした。
どういうことなの・・・。

まぁ、ダットサイトを載せるのが目的なので、特に問題はありませんが。
でもグリップを付けたいと思っている方は要注意ですね。



ところで、マルイのグロックKSCのグロックとはサイティングの仕方が違いました。


取扱説明書より抜粋。

マルイのグロックの場合、狙うポイント、フロントサイト、リアサイトを重ねて狙うようになっています。
KSCのグロックは同様のサイティングの仕方だと着弾がやや上にずれるので、フロントサイトとリアサイトの若干下を狙わなければいけませんでした。


さらに、7m未満では着弾が下にずれる、という丁寧な表記までありました。
マルイの説明書は丁寧ですね。



しかしこのグロック、ストックが付いていると当たる当たる。
約6~7mの距離で鉄製ターゲット、「達人君」にバシバシ当たります。
KSCのグロックはややばらける感があったのですが、集弾性はやはりマルイのほうが上のようですね。


グロック大好きなaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 21:47Comments(0)マルイ グロック18C

2010年08月10日

マルイ グロック18C 分解

こんにちは、aiです。

先日行った、フロンティアさんのシューティングレンジで分解したグロックの写真でも・・・。


購入後、10分未満のマルイ グロック18C

今回はフレームをマルイオリジナルから、ガーダーのリアル刻印フレームに交換します。


さっそくスライドを外します。
スライドロックを下ろしながらスライドを動かせば外れます。
KSCのようにセレクターの位置を気にしなくてもいいみたいですね。


フロントシャーシシャフトとフレーム後部ピンをポンチで抜きます。
フレーム後部ピンには溝切り加工がされていないので、どちらから抜いても大丈夫です。
フロントシャーシシャフトは右手で構えて右側に溝切り加工がしてあるので、左側からポンチで抜くと抜きやすいです。


写真の位置のネジを外します。
タッピングビスなので、強く締めるとフレームのネジ部が割れてしまいまので、注意してください。


ついでに後ろのネジも外します。
ここもタッピングビスなので、締めすぎには注意してください。



取り出すとこんな感じに。
中央寄りに写っている、ノッカーロックとノッカーロックスプリングが分解したときにほぼ必ず飛びだすので、紛失に注意してください。
私もフレームから引きずり出したときにスプリングが飛んでいきました。

しかし、フロンティアさんのシューティングレンジは床がきれいだったのですぐに見つかりました(^^)
(これが家だと大掃除しないと出てこないんです・・・ある意味分解整備にも向いているかもしれませんね)

今回はフレームの移植だけなので、このままの状態でそっとしておきましょう・・・。


マガジンキャッチは画像赤矢印のスプリングが引っかかっている部分を外してやれば簡単に外せます。


最近のガーダーフレームは、インナーフレーム固定のネジがタッピングビスからミリネジに変更されているんですね。
やっぱりフレーム割れが多かったんでしょうね・・・。
うれしい変更点です。


と、言うわけで完成しました。(あれ?途中の写真が・・・)
だって外したパーツをフレームに組み込むだけで完成してしまったんですもの・・・。
組み込みで苦戦した部分と言えば、スライドストップとスライドストップバネの組み込みをどうしたらいいのか分からなかったところでしょうか。
でもよく形を見ると分かると思います。スライドストップの形にバネの形状がぴったり合っているので
パズルのようにぴったり合わせて、そのままトリガー横の隙間に差し込んでやればいいんですね。簡単です。

それと、フロントシャーシシャフトがなかなか入ってくれなくて大変でした。
これもトリガーの位置と、スライドストップの位置を調整しながら組み込めば全然問題ありませんでした。
とっても簡単ですね。





家に帰って悪ふざけして撮った写真です。

スライドが引きづらいのなんのって・・・。

ダットサイトは、できればC-MOREを載せたいですね。実物の。5万くらいでしたっけ?

いえ、もちろん無理ですけど・・・。



グロックは友達なaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 16:50Comments(8)マルイ グロック18C

2010年08月09日

フロンティアのシューティングレンジに行ってきました!!

こんにちは、aiです。

きょうは赤羽・フロンティアさんのシューティングレンジに行ってきました。

思い立ったが吉日のaiです。
「あ、そうだ。グロック買ったらシューティングレンジで組み上げちゃおう」と思ったので
当日朝イチで電話を入れると快くOKしてくださいました。


フロンティアさんのシューティングレンジは、今年6月にオープンしたばかりでオープン当初は看板も無くて、その建物がどこにあるか謎でした。
シューティングレンジの建物は「フロンティアビル」近くのファミリーマートの隣です。
きょうは迷わずに行けました。



中に入ると受付があります。
きょうは社長さんがお出迎えしてくださいまして、しかも本当にブログを読んでいてくださったみたいで、いろいろとお話してしまいました。
初対面なのにご親切にしていただいて、ありがとうございましたm(_ _)m



やたら充実している無料レンタルガンコーナー。
WE GBB M14が置いてあってびっくりしました。
ほかにも、次世代M4APSKSC GBB MP7なんかも置いてあって、自前で銃を持って行かなくてもいいんじゃないかと思うほどでした。
あ、弾とかガスのレンタルは無いので持って行ったほうがいいですよ。販売はしているようでしたが。



さてさて、シューティングレンジは自販機横の階段を登った2階にあります。
ちょっと急階段ですが、自宅の階段もこんなもんなので大丈夫・・・?



シューティングレンジ全景。
右端に写っているマンターゲットの辺りに階段があります。
距離は最大で10mと、室内のレンジでは十分な広さがありました。エイム調整にちょうどいいですね。
10mって意外と遠くないですか?的が小さく見えます。



的側からの全景。
エアコン、扇風機完備で夏でも快適ですね。きょうは扇風機は付いてなかったけど、エアコンで十分でした。



私が行ったときは、こんな感じの的がデフォルトで置いてありました。



この的、さり気なく面白い仕掛けが・・・。



つないであるヒモを引くと、倒れた的を全部一気に起こせるんです。
10m離れた射撃位置からもヒモが引けるので、倒れた的をいちいち起こしに行かなくてもいいんですね。
とっても便利です。



ほかにもいろいろな的がありましたが、きょうはデフォルトの的だけで遊んでいました。
なんでも、タイムトライアル用のタイマー付きの的とかもあったりするんだそうですよ。
すごいですね~。



作業デスク(?)
いろいろ広げて作業できそうです。
荷物を置いておくだけでは勿体無い気がしますね。



と言うわけで、早速ホワイトホールで当たった「500円券」を使って買ってきたマルイのグロック18Cにガーダーフレームを組み込みます。



組み込みレビューはまた別の機会に。
きょうは完成した「グロック・カービン」を試射しました。





さて・・・







これが完成した、グロック・カービンです!!

レシピ
●マルイ グロック18C
●ガーダー リアルフレーム
●ENDO tactical Stock Adapter 4万円くらい
●MAGPUL UBR 5万円くらい
●Daniel Defense スリングスイベル 4千円くらい

と、総額10万を超しているグロックです(笑)



MAGPUL PTS M2スリングもぴったり合いますね。
そうそう、先日にーさんからいただいた情報なのですが、ENDO tactical ストックアダプターのレプリカが発売されましたね。
今朝の頭文字「D」さんのお祭りに便乗して、私も1個購入いたしました。


ガンガン撃ちまくってきました。
これほど素直な弾道の銃だとは思いませんでした。
いままでKSCのグロックに慣れていたので、その感覚でいくと全然当たりません。
サイトできちんと狙って撃つとしっかり当たります。

しかし、ストックを外して撃つと・・・外れる外れる。
フルオートとかあり得ません。両手で持っても意味がないです。(当社比)

ストックで肩付けして、しっかり狙える。これは素晴らしいですね。
構想から約2ヶ月経ちましたが、ようやく完成となりました。



ついでに、気になっていたM14を試射させていただくことに。
なんでも国内仕様にするためのデチューンで、パワーが0.4Jくらい(?)になってしまっているとか。
GBBはどうやって初速を落としているのでしょうかね?調整が大変そうですねー・・・。



とてつもなく重かったので、イスの力を借りて試射です。
構え方は適当です。
家に帰って調べると、5kgほどあるそうですね。こんなのを持ってフィールドを駆け回れるのは「漢」ですね。
しかし、0.4Jと言えど"ガツンガツン"ブローバックの反動が来ます。半端じゃないです。
これは撃つと欲しくなってしまいますね~。WE M14、格好いいです。

KSC MP7も撃たせていただいたのですが、システム7のブローバックのキレが凄まじいですね。
実際の反動は大したことはないのですが、サイクルが異常に速いのでとても反動がきているように感じました。



そんなこんなで、時間が来たので撤収。
もと来た階段を降りて・・・受付でお金を払って帰ります。
2枠連続で取ったので、1時間10分で400円。10分お得。
( 片付けがちょっと長引いてしまってすみませんでしたm(_ _)m )



フロンティアさんのシューティングレンジについて
「下手くそが行くと、恥をかきそうだから行きづらい」という声をどこかで聞いたのですが
基本的にシューティングレンジのある2階には、1人で予約すれば誰もいませんでした。
私もガッツンガッツン的を外しまくっていたわけですが、「う~ん、こうやってサイティングすればいいのかな?」とゆっくり考える時間がたっぷりありました。
ちなみに社長さん曰く、「時間いっぱい撃ちまくっていかれる方が多いです。」とのことだったので
ストレス解消(?)や、普段自宅では家族の目や近所迷惑を気にして撃てない方が撃ちに来るのにちょうどいいのかな~と思いました。

雰囲気も良く、アクセスも駅から5~6分ですし、また機会があれば利用したいと思いました。
サバゲの前日に予約を入れて、エイム調整をするのもアリかもしれませんね。
あと、2人以上で来て2階で雑談をしながら撃ったりもできそうです。エアガン初心者の友人をつれていくのも良いかもしれません(笑)


追伸:
フロンティアさん、きょうはお世話になりました。
またいろいろとお世話になることもあると思いますが、よろしくお願いいたしますm(_ _)m


有意義な時間がすごせたaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 19:05Comments(6)赤羽・シューティングレンジ

2010年08月07日

ホワイトホールの500円クジ

こんにちは、aiです。

本日、楽しみにしていた赤羽・フロンティアさんのイベント「ホワイトホ~ル」へ行ってまいりました。

到着したのは、開場前の9時15分ころ。さすがにまだ並んでいる人はいませんでした。
しかし9時30分ころには15人ほどの人が集まり、10時前に開場となりました。



ここで問題が発生。

特価になるであろう、と勝手に予想して楽しみにしていた マルイ・グロック18C が、ガレージに並んでいませんでした。

泣きました。


しかし・・・!!


なんとイベント恒例の500円クジの景品の中に、マルイのグロック18C が・・・!!

と、言うわけで結局いつもどおりクジを引いて帰ってきました。









結果は・・・







ハイバレットガス (新型 HFC152a) ×3本
マルイ・生分解BB弾 ×1袋



マルイ・Hi-CAPA5.1R (14歳以下用)
つ・・・使い道が・・・

最後に、500円券23枚


以上です・・・。


何人か前でハイサイのM4を出していた方がいらっしゃいました。
おめでとうございます!!


結局、目当てのグロック18Cは手に入らず、組み込みをしようと思ったのに出来ませんでした。
残念ですけど、また500円券で日を改めて買いに行くとします。



おまけ

会場(ガレージ) の様子。
やっぱり1日目は前回の2日目に比べて人が多いですね。


追伸:
にーさん、きょうはお忙しいところお疲れさまでした。
ビッグなアタリはありませんでしたが、やはり500円券は素敵ですね!
完成したグロックをお見せできなかったのが悔やまれますが
また次の機会にと言うことで・・・。
月末のゲーム、参加できたらよろしくお願いいたしますm(_ _)m



楽しみが先延ばしになったaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 12:51Comments(2)買い物

2010年08月06日

ホワイトホールにGO !!

こんばんは、aiです。

最近夏バテ気味です。
胃の調子が悪くて食べ物が食べられないときがあります。
きょうは比較的元気でしたが。

それはそうと、あしたは待ちに待ったホワイトホールですね!


え?このガーダーフレームは何かって?
もちろんあしたの赤羽・フロンティアさんのイベント、ホワイトホール特価になるであろう
マルイのグロック18Cに組み込むために用意していたモノです。7月半ばに購入したのですが、気が早すぎたでしょうか^^;
これでグロック18Cがガレージに並んでいなかった日には泣きます。(あしたですが)

もちろん、ENDO tactical ストックアダプターと、MAGPUL UBR も持っていくので、
興味のある方は声をかけてやってください!(人がいっぱいいるのにどれがaiかなんて分かりませんよね・・・)


会場の邪魔にならないところでフレームを組み込む予定です。
ガレージだと問題がありそうなので、フロンティアさんのシューティングレンジの片隅を貸していただこうかと思います。
試射イベントをおこなうそうなので、部屋の片隅を貸していただけるかは分かりませんが・・・^^;



そうそう、ミリブロ 「好きなコト続けよう!!」にーさん絶賛のソフトタッチプライヤーを購入いたしました。
詳しい使い方はにーさんのブログのほうで紹介されていますが、ピンを挿入するとき、傷付けずに挿入することができます。
実際にKSC グロック34のジャンクフレームについていたピンを挿入してみましたが、驚くほどスムーズに作業できました。
いつもハンマーで叩きこんでいたのですが、余計な部分を叩いて傷を付けたり、ひどいと割れたり・・・
コレは「買い」ですね!



必要な準備もできたし、あしたを待つだけです。
目的のモノが売り切れたら困るので、朝イチで出る予定です!
にーさん、あしたはよろしくお願いしますm(_ _)m


あしたが楽しみなaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 23:46Comments(2)買い物

2010年08月03日

Daniel Defense QD スリングスイベル

こんにちは、aiです。

最近ずっと暑くて体がしんどいです。
ニュースでは7月は猛暑だと言っていましたが、8月は激暑だと言っていました。
激暑って何ですか・・・。これ以上暑くなるのは勘弁してほしいです・・・。


ところで、先日ヤフオクで購入したモノが届きました。

ヤマト運輸の着払いで640円だったのですが、発送元が歩いて行ける距離だったのでガッカリしました。
たま~にあるんですよね。自転車で取りに行くから送料無料にして!と思うことが・・・(笑)


しかも中身はコレ。

Daniel Defense Heavy Duty Push Button Quick Detach Sling Swivel (名前長いですが、Daniel Defense社製のQDスイベルってことです。)
ちなみに、刻印などは元々入っていないモノなので実物なのかどうかちょっと不安です。
ついでに言うと見本の写真とは違いました。コレってどうなの!?
検索すると2タイプあるみたいで、ロットによって微妙に違うのかなとも思っているのですが・・・。



まぁ、MAGPUL UBRに無加工で付いているうえに、すっぽ抜けたりもしないのでたぶん実物だと思います。
と言うか、実物のDaniel Defense製ということで購入したので、そうでないと困ります^^;
アメリカのサイトではスイベルのプッシュボタンの下辺りに1本ラインの彫り込みがあるのですが
なんでコレには入っていないのでしょうかね。
詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひご享受いただきたいです。



例のグロックに付けたMAGPUL UBRストックにM2スリングを取り付けできました。

これで違和感なくスリングが付きました~。

バランス的なことを考えるとストック根元より、後端のほうが安定するのかな。
でも銃本体をまだ組んでいないので、現状ではなんとも言えませんね。


なぜ実物のQDスイベルにこだわったかと言うと
各メーカーのレプリカQDスイベルは、同じメーカー製でも定まった規格がなくて穴に入らなかったり
あるいは簡単に抜けてしまってスリングスイベルとしての役割を果たせなかったりということがあるからなのです。

レプリカは1個1,000円ちょっとで買えますが、入らない、すぐ抜けるなどの理由で何個も買っていたら
結局出費は多くなってしまいますし、4個も買えば実物が買えてしまいます。
だったら最初から実物を買ってしまえという考え方なんですね。


ところで、このグロック。
完成すると総額10万を超えます。半端じゃないです。とてもじゃないけど大きな字で書けません。


で、でも電動ガンとかGBB M4に10万以上つぎ込んでる人なんていっぱいいますしね!
完成は今週末辺りを予定しています。


週末を楽しみにしているaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 16:39Comments(4)マルイ グロック18C