スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2010年10月16日

マルイ グロック18C 修理完了

こんにちは、aiです。

昨日、予定通り足立区の東京マルイさんへ行ってまいりました。


小さな封筒に入ったパーツなので、郵送にしてもらっても良かったのですが、金欠なので自転車を1時間半近く飛ばして行きました。
自宅から一度赤羽フロンティアさんに寄り、そこからマルイさんに行くのが定石なのですが
前回は荒川沿いにひたすら走って、ずっと同じ景色でとても面白みがなかったので今回は環七回りで行きました。
結局環七もずっとストレートであまり面白い道のりではありませんでしたが。


はい、中身はこちら。



マルイ グロック18C パーツ 上:18C-21 ピストン 下:18C-26 チャンバーカバー右




上:擦り合わせで削りすぎたピストン 下:新品のピストン

このパーツ、ピストンって言うんですね。
ずっとブリーチだと思っていたのですが、ブリーチというパーツはマルイのグロック18Cにはありませんでした。

とりあえず、比較していただくと分かりやすいと思うのですが、擦り合わせで削りすぎたほうは、どこと言わずとも分かりますよね・・・。
新品と比べると明らかに平面になりかけている部分があります。この丘のようになっている部分が重要なんです。

一度スライドを分解して、ピストン部分を分解して交換します。



組込済:新品チャンバーカバー  左:削ったチャンバーカバー

アルミアウターバレルにインナーを組み込むとき、赤部分がアウターに干渉して組み込めないので
画像左のチャンバーカバーのように削ったのですが、この部分を削ってしまうとブローバックをした際に
インナーがアウターから飛び出した状態で引っかかって固定されてしまう恐れがあることが分かりました。

今回は新品に交換してハンマーで叩き込みました。たぶんインナーを取り外すのは至難の技になると思います^^;



FIREFLY製 マルイG17/G18C 共用ベアリング付 リコイルスプリングガイド

ついでに、赤羽フロンティアさんで購入してきました。
やはりメタルスライドに変更したらリコイルスプリングの変更は必須だと思います。
しかもこのリコイルガイド、シルバーなんです!磨いたアウターとぴったりなんですね。



組み上げたリコイルガイド。

通常、先端部分にプラのスプリングワッシャーを入れるのですが、ShootersDesign製のアルミスライドには
リコイルガイド挿入部分がスプリングワッシャーの役目をするようになっているので、ワッシャーが必要ありません。
純正のリコイルガイドを使うときもワッシャーがないほうがスムーズに動きます。



完成したグロック18C ENDO カービン

ようやく撃てるかたちまでもっていくことができました。
メタルスライドになっても連射スピードは変わらない、という話を聞いたことがあったのですが
メタルスライドに換装すると明らかに連射スピードは遅くなりました。

ただ、元のスピードが速すぎるようにも感じるので、メタルスライド装着時のブローバックスピードがちょうど良いくらいです。
実際、ノーマルスライドだとぶっ壊れそうな (ぶっ壊れますが) 勢いで動きますしね。



おまけ


クリアファイル

2011年のカタログ(まだ未公開)

マルイさんでこんなものをいただいてしまいました。
いつも違う方が対応してくださるのですが、伺ったとき毎回自転車での苦労話を聞いていただいてありがとうございます。
前回もネットで地図を出してくださったりと、本当にお世話になっています。
マルイさんは電話対応が悪いという話を時折耳にしますが、いままで対応が悪いと感じたことはありません。
直接マルイさんにお伺いすると分かると思いますが、あたたか味のある素敵な職場だと思いました。

またお世話になるときはよろしくお願いしますm(_ _)m


ようやくグロック完成のaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 11:49Comments(2)マルイ グロック18C