スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2011年08月30日

WA M4 近況報告

こんばんは、aiです。

先日書いた記事を下書き保存のまま、投稿するのをすっかり忘れておりました(汗)

久しぶりにGBB WA M4の近況報告です。


あまりにも久しぶりすぎて最後にブログに登場したときの画像が必要ですね。


こんなのが出てきました。

そうです!! アウターバレルがなかったんですよ!!
Primeの7インチアウターバレルを購入するも、フランジの厚みのせいでRASとアッパーの隙間が気に食わなくて・・・
新宿エアボーンさんに加工依頼を出していたのですが、急遽組みあがったM4が必要になった時に依頼をキャンセルして
手元に戻ってきて・・・気づいたら1枚目のようなかたちになっておりました。


現在のアウターバレルは、「ビールボーイのReload M4!」いしやんさん絶賛のエアボーンバレルです。

A7075 - 超々ジュラルミンという日本で開発されたアルミ合金を使っているそうです。
A7075の話はマルイ グロック18Cのアルミスライドを探しているときに「そのまま」さんにご教示いただきましたが
第二次大戦時、零戦をつくるのに使われたのがこのA7075 - 超々ジュラルミンなんだそうです。
ちなみに、超々ジュラルミンは日本の海軍航空廠が住友金属工業に開発を依頼してつくられたんだそうな。(wikiより)

実は、エアボーンバレルのこちらのモデルを選んだのには理由がありまして・・・。
他にもシルバーのストレートタイプのモノもあったのですが、このバレルじゃないとダメだったんです!!
それは伏線ということで、進展があったら記事にします(笑)


フロントはTROYだらけです(笑)
RAS、フロントサイト、レイルカバー、QDスイベルマウント、フォアグリップ・・・
これだけでご飯3杯はいけますね。

悔しいかな、ガスブロックが手持ちにDanielDefenseのレプリカと、シルバーのNoveskeタイプのものしかなかったのですが、
色合いが周りのパーツ類と比べて浮いた感じになってしまうので変更したいところです・・・。


アッパーフレームとRASの絶妙な隙間。
さすがエアボーンバレルです。デフォルトでこの隙間を再現しました。
バレルナットとの兼ね合いでシムを何枚か挟んでいますが、すばらしいです。

そうそう・・・実は近々Primeのレシーバーを破格で譲っていただけるとか、いただけないとか・・・
ちょっとまだ分からないんですけどね。


もしそうなったら、私もPrime M4に仲間入りできるでしょうか!?

う~ん、楽しみです。

なんて色々考えていても・・・Primeだなんてあまりに雲の上なので、期待しないようにしています(笑)
こういうのは妄想しているうちが楽しいんです!!


早くサバゲでGBB M4デビューしたいai でした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 09:15Comments(6)GBB WA M4

2011年08月29日

WATER BASE トリプルタイヤキャリーカート

こんばんは、aiです。

9月3日(土)のバトルシティユニオンのゲームに向けて、着々と準備を進めています。
とは言っても、持っていく装備類を眺めてうはうはしているだけなんですけど・・・。

今回はその荷物類を持っていくためのキャリーカートの紹介です。


WATER BASE トリプルタイヤキャリーカート 「かいだんのぼるくん」
実は前に愛用していた1,000円ちょっとのキャリーカートが引越し作業中に何者かに盗まれてしまったんです・・・。
実家の玄関先に置いてあったのですが、家に入って荷物を持って出てくるまでの約10分のあいだに盗られてしまいました・・・。
まさかあんなモノが持っていかれるなんて~(泣)

その後継機で購入したのがこちら。
あれっ・・・タイヤがないじゃないですか。



タイヤはこちらでした。
商品名にもなっていますが、トリプルタイヤ。車輪が片側で3個ついています。
結構大きなキャリーカートなのですが、普段はタイヤを取り外して保管することができるので意外とコンパクトになります。



こんな感じで、シャフトにタイヤを差し込んで、矢印部分のピンで固定します。
取り外しもワンタッチなので、とても簡単です。



はい、使うときはこんな状態になります。
耐荷重は50kgまでOKなので、ガンケースを2、3個乗せても大丈夫そうですね!!

・・・本来は魚釣りをする方のクーラーボックスの運搬に使うものだそうです。

ちなみに、乗せたケース類は備え付けのベルトでガッチリ固定することができるので、安定して運搬が可能です。



ただ・・・このベルト、やたら長いんです・・・。
こんな感じでだらーっと垂れて、タイヤに絡まるなんてこともしばしば・・・。


そんなときは、新宿エアボーンさんのSさんに教わったあの巻き方を試してみようと思います。


①ベルトの長さを調節して、画像のような状態にします。


②余ったベルトの先端をベルトループの上から差し込みます。


③ベルトの先端を引っ張って、ベルトループの上に小さな輪っかをつくりす。


④ベルトの先端をくるくる巻いていきます。


⑤先ほど③でつくった小さな輪っかにくるくる巻いたベルトの先端を入れます。


こんな感じで形を整えながら入れてください。


⑥最後に画像の位置を親指と人差し指で押さえながら、矢印の方向に軽くひねってください。
しっかり固定されて、かんたんにほどけなくなります。
ただ、使っていくうちに緩んでくるので、たまにこのように締めなおしてあげるといいです。


と言う話を、先月新宿エアボーンさんにお邪魔したときに伺いました(^^)

これは本当に便利です。説明を聞いたとき、目からうろこでした。
今まで長く余ってしまったベルトを切ってしまおうか悩んでいたので、切らないでおいて良かった・・・。



あ、ちなみにこのキャリアーは背負子にもなるように肩当てがついています。
私は背負えないのでベルト類も短くしてだらっとしないようにしています。



最後に、なぜか編集に手間取った階段を上るシーンです。
この3輪、想像以上に階段を上るのが楽でした!!

これでガンケースを積んだまま、駅の階段を上り下りできそうです。
赤羽のシューティングレンジに行くのも結構大変だったので助かります。


便利グッツ紹介なaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 19:04Comments(2)装備

2011年08月24日

McNETT Op Drops 曇り止めレンズクリーナー

こんにちは、aiです。

最近昼には「今日の夕飯と明日の朝食、昼食は何にしよう・・・」と考えています。
新居のほうに引越してから生活は落ち着いてきましたが、余裕なく毎日走り回っているような感じです。
まだ実家の後片付けも残っているし・・・。いっぺんにできないので少しずつ進めています。

今日の本題です。


McNETT(マクネット) Op Drops AntiFog&LensCleen
要は、米国製の曇り止めレンズクリーナーです。

今週末、「好きなコト続けよう!!」にーさんと、サバゲーにご一緒させていただくことになったので
ゲーム参加に向けてゴーグル用の「曇り止め」を購入してみました。

そういえば、サバゲー参加はおよそ1年ぶりなんですね。
もっと参加したかったのですが、冬場は体調が悪かったり、去年はM4をメインにしてみたいと思ったら使えない状態になってしまって
使えるようになったら参加するんだ・・・とか思っていたらいつの間にか1年以上過ぎていました(笑)



今回はこちらの ESS ICE2 にOP DROPSを使用してみました。



フタを開けるとこんな感じです。
先端を下に向けて、本体を軽く押してやると1滴ずつたらせるようになっています。
付属のケースはレンズクリーナーの役割をしていて、フタと結びつけてあるので紛失の心配もありません。



ゴーグルに塗り広げた写真を撮ったのですが、写り込みがひどいので・・・カメラの保護レンズで代用しました。
写真は2滴たらした状態で、保護レンズの大きさはICE2のレンズ片側と同じくらいです。



付属のケース兼レンズクリーナーで塗り込むようにレンズに広げます。
光の加減で少し油っぽい感じに見えますが、問題ありません。



しっかり塗り広げて軽く乾かすとこんな感じ。
この状態でも斜めから見ると先ほどの画像のように少し油っぽい感じに見えますが、ゴーグルは正面から覗くモノですし
この画像を見て分かるとおり、正面から見る分には何も支障はありません。


実際に使用した感想
OP DROPSを使用していないゴーグルをした状態でシュマグを顔に巻きつけてみると、巻きつけている途中でゴーグルが曇ってきます。
顔全体にシュマグを巻きつけて、部屋の中を歩き回ってみましたが・・・曇りがひどくてゲーム中にこんな状態ではまともに銃も構えられません。

一方、OP DROPSを塗布したゴーグルを同じ条件で着用してみた場合、まったく曇らずクリアな視界のままでした。
わざと息をハアハアしてみても曇る気配がないので、その格好のままお湯を使って風呂掃除をしてみました。
・・・まったく曇りません。
いや、この程度の湯気じゃ曇らないんじゃないか・・・?とも思って、OP DROPSを使用していないESSのゴーグルを付けて
風呂場に入ってみましたが、入って20秒も経たずに曇りで視界がふさがりました。

すばらしい性能ですね!!
これならゲーム中に曇って視界が~なんてことにはならなさそうです。
・・・そう考えると、SCOTTのサーマルレンズは優秀だったんだなぁ。
レンズが二重構造になっていて、ゲーム中でもダッシュしまくったりした後は少し曇るものの、ほとんど曇りませんでした。
SCOTTのゴーグルにもOP DROPSを塗っておこう・・・。



余談ですが、ESS ICE2 のケースにOP DROPSはぴったり入ります。
一緒に持ち歩けるので、効果が薄れてきたときは簡単に塗りなおせますね!!


久しぶりに週末が楽しみなaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 18:22Comments(4)装備

2011年08月17日

マルイ グロック18C ロングスライドストップ 組み込み

こんにちは、aiです。

昨日、ミリブロをチェックしているとOCEAN CUSTOM TACTICALさんのブログで良いモノが紹介されていたので購入してみました。


レターパック350で即日発送してくださったおかげで、本日届きました。
素早い対応でとっても助かります(^^)

あ、新居に移ったので背景が畳になっています。


中身はこちら。
GunsModify製 Extend Slide Stop for Tokyo Marui Glock


上:Extend Slide Stop
下:マルイ 純正 スライドストップ


比較してみると分かるように、通常のスライドストップに逆三角形のパーツが取り付けられて延長されています。
KSCのグロック34には同様のスライドストップが標準装備されていました。
KSCのグロック18Cを使っていたときは、ジャンクのグロック34から取り外したロングスライドストップを取り付けて使っていたのですが
このスライドストップ、操作性がとてもいいんです。

それだけに、マルイ用で探してもなかなか見つからなかったのが残念で・・・。

今回発見したときは即購入しました(笑)



毎度おなじみの取り付けコーナー。
今回はフレームを完全分解することなく、簡単に取り付けできました。


①ピンポンチでトリガーピンを叩き、赤丸分ぐらいピンが出てきたらいったん止めます。
②スライドストップと、テンションをかけているスプリングを一緒に引き抜きます。(トリガーピンを完全に抜かなくても引き抜けます)


Extend Slide Stopに、画像のようにテンションをかけるスプリングをセットします。


①スライドストップをさっきの逆手順で挿入します。
 この際、テンションをかけているスプリングがねじれないように気をつけてください。
 親指とひとさし指で挟んで持ってやれば問題はないと思います。
 結構するっと入りますが、入らない場合はトリガーピンをもう少し叩き出してください。
②最後に、トリガーピンとスライドストップの穴位置を合わせてプラハンで叩いて終わりです。


組み込みはとっても簡単ですね!



完成した全体像はこんな感じ。
大きくシルエットが変わったり、ということはありませんが実用面では大きく差が出ます。
今までスライドストップを操作する際は射撃時の持ち方をすこしずらしてスライドストップを操作するか
左手でスライドストップを操作する必要がありましたが、このスライドストップに変更すると操作は右手だけでできます。

購入の際はOCEAN CUSTOM TACTICALさんのページから、メールでお問い合わせしました。
探していたのに見つからなかった方、いかがでしょうか~?


グロックいじりは楽しい、aiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 18:07Comments(4)マルイ グロック18C

2011年08月11日

フロンティアのシューティングレンジに行ってきました⑤

こんにちは、aiです。

先日フェザーウェイトピストンを組み込んだマルイ グロック18Cの実射性能が気になって気になって
昨日急遽赤羽・フロンティアさんのシューティングレンジへ単身でお邪魔しました。
( 今週末、また行く予定(願望?)があるのですが、まだ不透明なので・・・)


今回も社長さんのご厚意で、本店の2階を使わせていただきました。( レンジの距離が長いので、ゲーム前に軽く弾道を見るのに助かります )
グロックの実射性能~とか言いながらがっつりM4を持ち込んでいます(笑)
このM4も、まだ未完成なのでがんばって完成まで持っていきたいですね。
いろいろこだわりがあるので、そのうちブログでも紹介します。


今回、レンジの中にこんなものが・・・。手前のパーティションボードです。
これ、何かに利用できないかな~と思ったのですが・・・


こんな感じで壁(ボード)の裏に隠れて・・・


レンジの奥にあるこの的を標的に・・・


飛び出し撃ち! (って言うのかな・・・?)

サッと出て、アイアンサイトで照準を合わせて、セミで3発撃ち込む練習をしました。

試しに弾道を見て当てるやり方で撃ってみましたが、全然当たりません(笑)

なるほど、ゲームでよく弾道を見て撃つな、と言いますがこれはそのとおりだと思いました。

アイアンサイトを覗いて撃つと、チンチンチーン!爽快な音が響くんですよ。

これはとても面白かったです。



ちなみに、例のちっちゃな的。
ボコボコにならないように表面にポリカーボネイドが貼り付けてありました。
社長さん曰く、アルミ板も撃ち込みすぎるとL字の根元から折れてしまうんだとか・・・。
ただ、この的にヒットしたときはすごい勢いで兆弾が返ってくるので、ゴーグルが必須です(笑)



こんな感じで、1時間だけお邪魔させていただきました。
夕飯の買い物の時間があったもので、あまり長くいることができませんでしたが
今回も社長さんにはいろいろよくしていただいて、感謝感謝です。

また急にお邪魔するかもしれませんが、よろしくお願いいたしますm(_ _)m



一人遊びを発見したaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 12:17Comments(2)赤羽・シューティングレンジ

2011年08月10日

マルイ グロック18C フェザーウェイトピストン 組み込み

こんにちは、aiです。


本日はマルイ グロック18Cのお話です。


昨日購入してきたライラクス NINE BALL グロック 18C フェザーウェイトピストン (マルイ用)を組み込んでみようと思います。
店頭で手に取ったとき、まず「軽い!!」と思いました。本当に軽いです。

それもそのはず・・・


純正ピストン(他パーツをすべて外した状態)で、43グラム。


フェザーウェイトピストン(純正と同条件)で、たったの7グラム!!
純正の約1/6の重さです。

それでは、ピストン部分だけ組み立て手順をご紹介します。
グロック18Cの分解についてはこちら組み立てについてはこちらをご覧ください。

フェザーウェイトピストンの組み立て時の注意点があります。
「ネジはすべてネジロックを付け、締め込みすぎない」です。
これを守らないと4~5千円する大切なパーツが台無しになる可能性がありますので、気をつけて作業してください。


まず、ピストンカップ取り付け用のネジに、ネジロックを塗布して赤丸の部分にネジ込みます。
いきなりネジ込みすぎてフェザーウェイトピストンを割らないように気をつけてください。


次に画像のようにピストンのスペーサーパーツを取り付けます。


ネジにはしっかりネジロックをつけて組み込んでください。
ただし、ここは動作時に擦れる部分なので、ネジロックがはみ出したらきれいにふき取ってください。
動作が悪くなる原因になります。


シリンダーとシリンダースプリングを組み込めば、ピストン一式の完成です。

後はこれを組み立て手順に沿って組み立てれば完成。


無事、フェザーウェイトピストンが組み込めました。



実際に使ってみた感想
後ろに来る衝撃は若干減ったものの、減ったというだけでブローバックの衝撃そのものがなくなったわけではないです。
これはメタルスライドだから、という理由もあるかもしれませんね。スライドに程よい重量があるので、ピストンが軽くなるとバランスが良いです。

さらに、メタルスライドに換装しただけのとき、ぶっ壊れてしまうんじゃないかというくらいガッツンガッツン動いていたフルオートですが
これは純正スライドで撃っているかのような軽やかさで動いてくれます。
しかも純正ピストンを組み込んでいたときに起きていた、スライドの動きの渋さがなくなってしまいました。
これは私の組み込み方が悪かっただけかもしれまんせが、これでゲームで使用しても安心できるグロックになりました。

メタルスライドにはフェザーウェイトピストンはぴったりだと思います。
※メタルスライドのメーカーによっては擦り合わせが必要になるかもしれませんが・・・。



久しぶりにいい買い物をしたaiでした。
  

Posted by にぼし ( ai ) at 12:13Comments(0)マルイ グロック18C

2011年08月09日

MAC10用 スリングスイベル

こんばんは、aiです。

先日の赤羽・フロンティアさんのイベント「ホワイトホール」の戦利品(?)である「500円券」を消費しに、フロンティアさんへ行ってまいりました。


今回は予算少なめということで、この4点。
東京マルイ MAC10 65連ノーマルマガジン×2
ライラクス NINE BALL MAC10 スリングスイベルエンド (マルイ用)
ライラクス NINE BALL グロック 18C フェザーウェイトピストン (マルイ用)


どのアイテムから紹介していこうか迷ったのですが、友人に使ってもらう予定のこちらから紹介します。



ライラクス NINE BALL MAC10 スリングスイベルエンド (マルイ用)

本日はこちらの取り付け方法をご紹介します。
とっても簡単なんですけどね。


まず、MAC10 のストックを取り外し、赤丸部分のEリングを取り外します。
スプリングのサイドにCの字に見えるリングがありますので、"C"の両端をマイナスドライバーなどで押してやってください。
片方ずつ押すとくるくる回ってしまうので、両方同時に押すのがコツです。
難しい点があるとしたらこのくらいですかね。


分解するとこんな感じです。
パーツ点数も少なく、非常に簡単ですね。


次に MAC10 スリングスイベルエンドを分解します。
これは分解というほどではなく、ネジをくるくる回してやれば簡単にこの状態になります。

購入時に注意する点があるとすれば、このスリングスイベルは「QDマウント」ではないことでしょうか。
QDスリングだと思ったのに~、とかそういう後悔はありそうですね。私はこれで十分満足ですが。


先ほど、ピンを抜き取ったストックにピンを挿入します。
スプリングのテンションは高めで、硬くなっているので爪に引っかけて怪我などされないように気をつけてください。


最後に、ネジロックをしっかりつけてスイベルをネジ込みます。
スリングスイベルは、スリングを取り付けた状態で頻繁に可動する部品なので、ネジロックは必須です。
このアイテムを取り付けるということはゲームで使用するということだと思うのですが、それならなおさらです。
ゲーム中に銃がボトッと落ちるというようなことを避けるためにもしっかりネジロックをつけましょう。


簡単な作業でしたが、完成するとこんな感じになります。
試しにMAGPUL PTS MS2スリングを取り付けてみましたが、小柄なMAC10に細身のMS2スリングはちょうどいいです。
元々グロックカービン用に購入したのですが、最近あまり使っていなかったので用途が見つかってよかったです(^^)


現状、ノーマルマガジン4本&Li-poバッテリー4本になりました。

う~ん、ゲームでメインとして使うにはちょっと火力不足な気もしますが、撃ちまくらずに考えて撃てば・・・大丈夫かな?
バッテリーは1日4本で持つか心配です。本当はあと1本あったのですが、Tコネクタのメス端子が駄目になってしまっているようで
接続してもうんともすんともいいません。(バッテリー自体は生きているんですけど・・・近いうちにTコネクタ買ってこないと・・・)


何はともあれ、こんな感じで自分の予備武器兼、友人へのレンタルガン(?)も充実してきました。
本当はM4とか貸してあげられたらよかったんですけど・・・あ、フロンティアさんの500円クジで当たってたら・・・(笑)


さて、次回はNINE BALL グロック 18C フェザーウェイトピストンの紹介です。
お楽しみに。


500円券を無事消費したaiでした。

  

Posted by にぼし ( ai ) at 12:31Comments(0)MAC10

2011年08月07日

ProWin (PGC) 製 M4マガジン ~組み立て編~

こんにちは、aiです。
激闘の(?)ホワイトホールから一夜明け、ほとんど立っていただけなのに体が重いです。
う~ん・・・ちょっと無理をさせすぎたかな・・・。

ちなみに、ホワイトホールは本日も開催中ですので、気になる方は赤羽・フロンティアさんのイベント会場までどうぞ!!



さて、本日はProWin マガジンの組み立て編です。
バラしてしまったのはいいけれど、組み立て方が分からなくて待っていたそこのあなた!!
遅くなってごめんなさい!!


前回の最後、全バラした状態のProWinマガジンです。
分解編はこちらの記事にあるので、ご参考にどうぞ。
今日はここから組み立てていきます。


赤丸のスプリングの紛失に注意して、内部パーツをマガジン本体に挿入していきます。


挿入時のポイントは、画像のようにマガジン本体のガス注入バルブ側を上にした状態で挿入することです。
前回の分解編でもご説明しましたが、ガス注入バルブに内部パーツの尻尾の部分が干渉してしまうので
干渉を避けるためにこの角度で挿入しなければなりません。
注入バルブ側を下にして挿入した場合、最後まで入らないと思います。


最後まで入ったら、上から押し込んでやってください。
パッキンがしっかりはまっていないとガス漏れの原因になるので、結構力をかけてやって大丈夫です。
(力を入れすぎて壊さないようにしてくださいね!!)


次に、ProWinマークのネジを締めて、内部パーツを固定します。
このネジ、締め込みすぎるとProWinマークが割れますので、ネジロックなどを塗布して軽く締め込んでください。


次に、マガジン底部の六角ボルトを締めるのですが・・・これが結構面倒だったりします。
赤線は六角ボルトの受けになる内部パーツの尻尾部分ですが、赤線の範囲で可動するんです。
マガジンを持ち、ガス注入バルブ側を下にしてコンコンすると適正位置に近い位置にはなります。
ですが、六角ボルトもまっすぐ入れてやらないと受け部分に入らなかったりするので意外と苦戦します。
入るときは一発で入ってしまうんですがね・・・。
レンチを回したときにするする回ってしまうようだと失敗です。
少しでも引っかかった感じがあればGOOD。そのまま回してみてください。


マガジン底部の六角ボルトが固定できたら、マガジン底部からスプリング一式を画像の向きで挿入します。


赤丸のパーツを六角ボルトの穴に入れ忘れないようにしてください。
意外と忘れがちで、後で発覚すると面倒です。


スプリング後端に、画像のパーツを取り付けてください。
向きは突起があるほうがマガジン側になります。


突起が赤丸の部分に引っかかるようにします。穴は2つありますが、上の穴はネジ用の穴なので間違えないようにしてください。


製造工程で割れてしまったようです。開けたときから割れていました。
ネジの締め込み過ぎだと思うのですが・・・。みなさんも気をつけてください。


瞬間接着剤でくっつけました・・・。
このパーツはBB弾のガイドなのでしっかり乾かせば問題ないと思います・・・。


先ほど修復したパーツの穴に細い棒などを通して、スプリング後端についているパーツを押さえます。
この状態で修復したパーツを入れると、スプリングがびよんびよんなって取り付けるのが大変!!なんてこともなくなります。


ね、簡単でしょ?
このパーツはしっかりはまっていれば飛び出してくることはないと思いますが、ネジ止めするまで一応押さえておいてください。


このネジ、締め込み過ぎるとまた割れます。
絶対に締め込み過ぎないでください。軽く締めたい場合はネジロックをオススメします。


ネジを締めたら、その上にスペーサー(?)を乗せます。向きは画像を参考にしてください。


底部のプレートを矢印の方向にスライドさせて装着します。


次にマガジンを裏返して、スプリング側の赤丸の突起を、マガジン側の赤丸の突起に引っ掛けます。
うまいこと引っかかるとスプリングがびよんびよんならなくなるので、リップの取り付けが簡単になります。


最後に、リップをぐいっと押し込んで、ドライバー位置のネジを締めたら完成です。
ネジの受けになっているすべり止めナットは、ネジ穴位置から横にずれることがあるので
ずれている場合はコンコンしてやるとネジ穴位置に戻ってきます。


はい、ここまで長々とお付き合いいただいてありがとうございました。
みなさんが無事にProWinマガジンを修復できるように祈っております。

そのうち内部のOリングの規格などを調べて、発注できるか試してみたいですね。
今回のガス漏れ原因になっていたOリングは一部ちぎれていましたし・・・。



分解したらKIAIで元に戻す!! aiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 11:44Comments(2)GBB WA M4

2011年08月06日

ホワイトホールの500円クジ!!

こんばんは、aiです。

本日は、赤羽・フロンティアさんの「ホワイトホール」へ行ってきました!!

今回は、久しぶりの近況報告ということで「好きなコト続けよう!!」にーさんにお会いする予定をこの日に立てていたのですが・・・
偶然こちらのイベント日と重なり、その流れでイベント参加することになりました。
急な参加だったため資金不足感はありましたが・・・。



毎度のことですが、メインはこちら。「500円クジ」!!

今回、しょっぱなから無欲のにーさんがバシバシと当たりを出していくなか・・・私は500円券をゲットし続けていました・・・。
にーさんのびっくりなアタリについてはミリブロ「好きなコト続けよう!!」をご覧ください。(後ほどアップ予定だそうです^^)


そして午後、にーさんと別れて帰るころにはこんなことになっていました・・・。


あ、これは私のモノではございません。
会場で知り合った方がお一人で当てたモノたちです!!
ちなみに紙に包まれた長モノはマルイの次世代SCAR FDEです(^^)

く~っ、今日は長モノが来るんじゃないか!?と思っていたら私のところには一本もきませんでした(笑)


会場にいらしたクジ引き戦士の皆さんのゲットされたモノたちの集合写真。
おそろしいことに、次世代SCAR、マルゼンAPS、マルイサムライエッジ、ストライクウォーリアー、PX4などなど・・・が入っております。
大きなガンケース、これも500円クジの目玉ですよね。 (当たると嫌がってる人もいますが、アタリだと思いますよ!?)


写真だけ撮って帰るつもりが、その場の雰囲気が楽しくてつい残ってしまいました・・・。


はい、それでは本日のアタリです。


マルイ ニュー銀ダンエアガン グロック26 !!
勢いあまって箱から出てますが、もう家に帰ってまず先に箱を開けてバシバシ撃ちまくりました(笑)
これ、最高ですね!!
前々からほしかったのですが、いつかクジ引きで当たるんじゃないかと購入を避けていたモノでした。


マルゼン APS アイウェア<パフォーマ>!!
写真を撮って帰ろうと思ったときに、帰りそびれて手持ち最後の500円玉を、500円券に両替するつもりでクジを引いたら当たりました。
これ、さりげなく高いんですよ・・・?


KSC グロック23F !!
今回イチバンのアタリでした。
フルオート搭載のKSC製 グロック23F。確かKSCの架空銃だったと思います。
でもやっぱりKSCのグロックのフレームは質感がいいですね。マルイのテカテカした感じとは違ってしっとりしています。
フルオートのキレもいいんだろうな~・・・。もったいないのでまだ動作はしていません。



-*-*-*-*-*-*-
今回のイベントで改めて思いましたが、当たったモノに一喜一憂して、

知らなかった者同士が仲良くなれる機会でもあり、フロンティアさんのイベントはとっても楽しいです。

この不景気の中、午前中確認しただけで次世代SCARが6本以上出ており、10本ちかく当たっているんじゃないか!?との声もありました。

今回もイベントを開催してくださった、フロンティアさんの社長さんには感謝感謝です。

また、暑い中イベント進行をしてくださったスタッフの方々、お疲れさまでした。今回も楽しませていただいて、ありがとうございました。


本日ご一緒したクジ引き戦士の皆さま、次のイベントでまた会いましょう!!


今年の運試しはあと何回!?なaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 19:18Comments(6)買い物

2011年08月05日

ProWin (PGC) 製 M4マガジン ~分解編~

こんばんは、aiです。

復活第2弾ということですが、今回はProWin マガジンの分解に挑戦してみたので、備忘録をかねてアップしていきます。
分解初心者さんでも分かるように細かく写真を撮ったつもりです。


ProWin WA M4用マガジン GEN2
GEN1の分解記事は多く出ているのですが、GEN2の分解記事があまりなかったのでご参考になればと思います。
GEN1とGEN2で分解方法に大差はないようにも感じましたが・・・今さらなことをやるのが私のブログなので、ご勘弁を(笑)


GEN2は放出バルブロックのローラー、ボルトストップノブが大型化され、リップの形状も変更されました。
GEN1を持っていないので、内部の変更点などは分かりません。


まず、ドライバー位置のネジを外し、リップを外します。
このネジは滑り止めナットで固定されているので、ネジをなめないように慎重に回しましょう。
また、リップを外す際はガスルートパッキンで少しきつめにはまっているので、矢印の方向から持ち上げるように外してください。


リップを外すと、バネがびよよ~んと飛び出してきます。
大きなパーツなので大丈夫だと思いますが、紛失には気をつけてください。


取り外したパーツ群です。
紛失しないようにまとめておいてください。小さなパーツはセロテープやマスキングテープに軽くくっつけておくと紛失防止になります。


次に、マガジンを裏返してドライバー位置のボタンを押しながら矢印方向にプレートをスライドさせます。
画像左端をペンチなどでつまみ、斜め上に引きずりだすようなかたちでスライドさせるとうまく外れると思います。


プレートが外れると、樹脂製のパーツが見えるので、取り外します。
乗っかっているような状態なので、裏返すと落ちてくると思います。


樹脂製のパーツを外すと、弾を保持するためのパーツが見えます。
これはドライバー位置にネジがあるので、ネジを外しましょう。


ネジを外したら、画像のようにペンチなどでつまみ出してください。
かっちりはまっているので、裏返した程度では落ちてきません。


ペンチで取り外したパーツの下にはこの画像のようなパーツが取り残されていると思います。
右のパーツはBB弾を押し上げるバネの後端についていたものです。
赤丸のパーツはなんでしょうか?


はい、実は矢印部分にBB弾が入ってしまわないようにするためのスペーサーでした。
この穴には六角ボルトが入っています。4mm角のレンチで取り外しましょう。


取り外したパーツ群です。
先ほどと同じように、紛失には気をつけてください。
六角ボルトの根元部分にはOリングがついていますが、これはS4規格(WA ガバメントのガス注入バルブ Oリングと同規格)で互換性がありました。
外した際、すでにボロボロになっていたので手持ちのS4 Oリングと交換しました。

ちなみに上の画像の・・・・


このネジ。
一番長いやつですね。これを使います。


リップを取って裸になったマガジン上面の矢印の位置にネジ止めします。
画像のような位置で止めて、完全に締め込まないでください。


このネジをプライヤーなどでつまんで、マガジン内部を引きずり出すのですが・・・


その前にこのProWinマークのネジを取り外してください。
このネジはマガジン内部を固定するネジになっているので、このネジを外さないと引きずり出せません。


もう一度画像を戻って説明しますが、ガス注入バルブの面を上にし、上から衝撃を与えてください。
理由は後述しますが、画像のようにマガジンを持って、手に打ち付けるような感じで大丈夫です。
コツッと音がしたらバッチリです。
(音がしない場合もありますが、マガジンを振ると音がすると思います。とりあえず注入バルブを上にしてコンコンしてやってください)
しっかりコンコンしないと、ガス注入バルブを傷める恐れがあります。
ちなみに、分解時にガス注入バルブを取り外す必要はありません。
ガス注入バルブを取り外した場合、組み立てが非常に面倒になるので、絶対取り外さないでください。


また、引きずり出す際に画像の位置を押さえながら引きずりだすと、勢いよく飛び出してパーツを紛失するのを防止できると思います。
ただし、ガッチガチに固まっている場合はかなり力を入れて引き出さなくてはいけないため、外れたときに怪我をする恐れがあるので気をつけてください。
(2度目の分解で指が切れました)


引きずり出すとこんな感じです。
赤丸部分は外れやすいので、組み立て時に注意ですね。


反対側はこんな感じです。
赤丸部分にスプリングがあります。これはテンションが弱めですが、紛失には十分きをつけてください。
ローラーも外れやすいですが、オイルがかかっていればポロッとはいかないと思います。


マガジン内部の画像です。
赤丸部分にガス注入バルブが見えます。
先ほど取り出した内部パーツには尻尾のような部分があり、そのパーツは可動するようになっています。
内部パーツを取り外す際にコンコンやったのは、
ガス注入バルブに内部パーツが干渉しないようにするためです。


注入バルブは内部の真鍮パーツにネジ込まれていて、注入バルブを外すと真鍮パーツが外れてしまう可能性があります。
この真鍮パーツが外れてしまうと取り付けるのが非常に面倒で、理解できるような文章を書く自信がありません。
構造が理解できれば元には戻せると思いますが・・・。

文章で説明するならこんな感じでしょうか。
内部パーツの尻尾の穴に注入バルブの受けになっている真鍮パーツを取り付け、マガジンに挿入、
注入バルブのネジ穴に爪楊枝などを入れてネジ位置を合わせる。その後注入バルブ側を下にして注入バルブをネジ穴に挿入し、ネジ込む。

・・・はい、非常に分かりにくいですね。
ただし、KSCのハンドガンをバラしたことがある人なら余裕で組み上げられると思います。
面倒で難しいですが、分解の必要がある人はがんばってください。


話がそれましたが、内部はこんな感じになっています。
六角レンチ、赤線が注入バルブだとして、それを避けるような形にしてから引き抜くわけですね。
ここ、非常に重要です。見えない位置で分かりにくいので何度も説明しました。


次に、内部パーツを分解していきます。
赤丸のパーツは垂直に引っ張れば外れます。これは放出バルブを外す必要のある人だけ外してください。


内部パーツにくっついているパーツ類は結構簡単に外れます。
構成は画像のようになっていますが、スプリングの紛失だけには気をつけてください。
って・・・あれ?スプリング写ってないですね。どこにいったんでしょう・・・。


放出バルブはKSCのハンドガン用バルブレンチ(ステンレス製)が使えました。
穴の径、深さともに問題ありませんでした。
また、ステンレス製ということで丁寧に回せば工具が壊れることもなく、バルブの破損も少なくなるので安心です。
※放出バルブ側は非常にもろくなっているので、バルブは慎重に回してください。



ところで、このProWin マガジン・・・


ガスルートパッキンの辺りからシューシューガス漏れしてたんです・・・


今回、新宿エアボーンさんでお聞きしたところ、放出バルブに問題がありそうとのことでしたが


問題が見つかりました。



こいつです。
矢印部分のOリングの一部がちぎれ、赤丸部分に噛んでいました。

いったい誰が予想できたでしょうか。
あれ・・・予想できなかったの私だけでしょうか・・・。



何はともあれ、これですべてのパーツが分解できました。

次回はクセのある組み立て編です。
お楽しみに!!


-*-*-*-*-*-*-*-
今日(8月6日)は赤羽・フロンティアさんでホワイトホールがあります。
今回は偶然でしたが、いつもどおり「好きなコト続けよう!!」のにーさんとご一緒することになりました(^^)
よろしくお願いいたします!!




なんでも分解!がモットーなaiでした。

  

Posted by にぼし ( ai ) at 16:39Comments(2)GBB WA M4

2011年08月01日

PRO-TEC ヘルメット × GoPro HD

こんばんは、お久しぶりです。ai です。

どうにか引越しが落ち着いてきました。
7月頭から猛暑の中をエアコンなしで20日以上過ごして、25日にようやくエアコンが入ったと思ったら、関東はすっかり冷夏のようです。
え?そんなことない?暑いって・・・?

・・・エアコンがない生活が長かったせいかエアコンや扇風機がなくても窓を開けていれば大丈夫になってしまいました。
元々エアコンの風に当たると体調を崩す人間なので、夏もエアコンいらずなんですが(笑)

あ、そんな話はどうでもいいですね。

それにしても、本当に急な引越しで色々と困ったことも起きましたが、
ご助力いただいたりゅりゅさん、ありがとうございました!!
おかげさまで無事に引越し先で生活できています(^^)


本日からブログ復活ということで、また細々とやっていこうと思っています。

復活第一弾はこちら。

PRO-TEC B2 ヘルメット

ゲームで何度か使ったおかげで、表面もいい具合に傷だらけになってきました。
ブッシュでごろごろしたりしましたしね・・・。


このPRO-TEC B2ヘルメットに、GoPro HD Helmet HEROのオリジナルマウントを取り付けてみました。


はい、こんな感じです。


マウント部分をアップにしてみましょう。
GoProマウント基部を取り付けた真鍮板をM4ネジでヘルメットに固定しています。


裏面はこんな感じで緩み止めナットで固定しています。


真鍮板の加工内容はとっても簡単!!
四角い1mm厚程度の真鍮板を用意します。
①の範囲にGoProのマウント基部を接着します。(マウント基部には元から3Mの強力粘着剤が付いているので、それを利用します)
②の範囲を金切鋏で切り取ります。3mmくらいまでなら切断できるはずです。
③の中央付近にM4ネジ用の穴を開けます。ネジはできれば化粧ネジで、マイナスネジがいいです。


横から見るとこんな感じです。
マウント基部には曲面用のモノもあるのですが、B2ヘルメットの曲面には合わなかったんです。
それで、このマウントをつくったわけですね。


上から見るとこんな感じです。
上部のネジには高さを合わせるためにナットがかませてあります。
真鍮の厚さ的に、加工の範囲は結構自由度が高いです。手でもぐにぐに曲げられるので、多少の誤差も大丈夫!!(笑)


完成したマウント基部に「GoPro ヘルメットフロントマウント」を取り付けてみました。
デフォルトのヘルメットマウントだと真下を映すような状態になってしまうんです。
しかし、このヘルメットフロントマウントがあればヘルメットの正面にカメラをマウントしても正面を映すことができるんです。


GoProを取り付けるとこんな感じになります。
うまいこと正面を向いていますね。


ちなみにデフォルトのヘルメットマウントだと、カメラ後部がヘルメットに当たってこんな感じで下を向いてしまいます。
なんとも中途半端なんですよね、この状態・・・。


ヘルメットフロントマウントに付属する延長パーツを使えば、このように顔を映すことができます。
これ、なんか見覚えがありますね。

ご存知の方もいるかと思いますが、「世界の果てまでイッテQ!」で最近使われていますよね。
最近見たのでは、バンジージャンプやらスカイダイビングやらで使われていたので、耐久度は相当なものだと思います。


ヘルメットの中から見るとこんな感じ。
なるほど、テレビの中の人たち・・・視界が鬱陶しそうです。
私は自分の顔を映すようなことはないので問題ないんですけどね!


こんな感じで、ヘルメットにマウントするカメラが完成しました。
曲面に対応したマウント基部は、B2ヘルメットの頭頂部だと一応曲面に合い、装着できるのですが
このマウントの仕方だとヘルメットの頭にチョンマゲのようにカメラが生えた形になってしまうんです。
ゲームで使用するにしても現実的ではないですし、かと言ってフロントにはマウントできないし・・・で困っていました。

ふと思いついてパッと作ってしまいましたが、今回の費用はゼロでした。
家に転がっているモノでつくれたので(笑)

そんなに格好も悪くないと思いますし、満足しています。

久しぶりの D ai Y でした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 21:30Comments(2)装備