スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年05月04日

Iron Airsoft製 ファイアリングピンブロックセット 組込み

こんばんは、aiです。

最近雨ばかりでまた具合が悪いです(◞_◟;)

早く晴れてほしいという願いをこめて・・・。なんつって。

本日はこちら。

Iron Airsoft ファイアリングピンブロック・ボルトストップ

WA M4に対応するファイアリングピンブロックはNeBula、AABB製がメジャーでしょうか。
KSKという国産メーカーがSUS削り出しのモノを出していたようで、シルバーと黒染めがあったようなのですが絶版してしまったようです。(詳しく分かりません)

なぜIron製にしたかと言うと、もちろんこいつが黒いからです。
いや、染めればいいのかもしれないですけどね・・・。



パーツ構成はこんな感じです。
細かいスプリングが2本、ピンが1本入っているので紛失しないように気をつけてください。


組み上げるとこんな感じです。


ボルト1本締めて、ピンをさすだけなので簡単です。


見えないところなのですが、矢印部分の仕上げがいい加減でした。
バリが残っていたり、峡谷のようになっていたり・・・。贅沢を言うと、こういうところもきれいに仕上げてほしいですよね。


純正ファイアリングピンブロックを取り出して気づいたのですが、Iron製には赤丸のパーツが付属していませんでした。
販売元が送料の節約でブリスターパックから出して袋詰めしていたようなので、そのときに紛失したんじゃ・・・とか思いましたが実際どうなんでしょうね。
赤丸のパーツは矢印部分に入っていたものですが、Iron製に移植してやりました。



Iron製はそのままではロアフレームに入らなかったので、矢印の部分を削りました。
ここはアタリを見て削り過ぎないようにしましょう。


実は一番当たっているのはこっちでした。
矢印部分のシルバーになっているところをまるごとリューターで削り飛ばしました。

へたくそな手加工なので傷らだけに・・・せっかく黒いのに・・・染め液買って来ないとですね(汗)



Before:純正ファイアリングピンブロック


After:Iron製ファイアリングピンブロック

細かい差ですが、フィールドストリップしたときの印象が変わりました。

無意味にフィールドストリップしてニヤニヤするわけですね。


しかし問題も・・・そのまま組んだ状態だとPro-winマガジンでボルトストップがかかりませんでした・・・。

純正に比べて寸法がきっちりしすぎていて遊びがないので、それが原因かと思いますが・・・。

今日は削る元気がないのでここで終わりです。


更新再開1記事目のaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 23:49Comments(2)GBB Prime M4