スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年05月25日

明日は赤羽フロンティア創業祭!!

こんばんは、aiです。

あれ、この景色は・・・とサムネイルからいらっしゃった貴方。

うん?赤羽・・・?とタイトルからいらっしゃった貴方。

そうです、5月26日、27日は少し早めの「赤羽フロンティア・創業祭」です!!


※お店のスタッフさんがいらっしゃるのでわざとぼかしてあります。写真は過去のものです。

今年は例年開催している6月の土日がAPS公式練習会などと予定が被ってしまったため、早めの開催となったようです。

明日は私も気合を入れて参戦!!・・・のつもりが、軍資金がなくて参戦できるかどうかも怪しいですorz

イベント内容は例年通りとのことで、 500円クジ&店内10% OFF予想されます。

行くとしたら、開店に合わせていくと思います。

会場でお会いするかもしれない皆様、明日はよろしくお願いいたします(^^)



久しぶりのイベントなのに金欠なaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 22:02Comments(0)赤羽・シューティングレンジ

2012年05月19日

クレジットカードの不正利用は犯罪にならないのか?最終回

こんにちは、aiです。
第三話、今回が最終回です。

→ 第一話
→ 第二話





この話は、友人のクレジットカード情報が悪意のある第三者の手に渡り、不正利用されてしまった事件の顛末を記録したものである。
※友人にはブログ記載許可を頂いております。
  続きを読む

Posted by にぼし ( ai ) at 21:23Comments(14)つぶやき

2012年05月18日

クレジットカードの不正利用は犯罪にならないのか?②

こんばんは、aiです。
本日2回目になります。前回の続きです。



この話は、友人のクレジットカード情報が悪意のある第三者の手に渡り、不正利用されてしまった事件の顛末を記録したものである。
※友人にはブログ記載許可を頂いております。
前回→こちら
  続きを読む

Posted by にぼし ( ai ) at 18:53Comments(0)つぶやき

2012年05月18日

クレジットカードの不正利用は犯罪にならないのか?①

こんにちは、aiです。



本日はミリ関係のお話から少しそれてしまいますが、ご容赦ください。


この話は、友人のクレジットカード情報が悪意のある第三者の手に渡り、不正利用されてしまった事件の顛末を記録したものである。
※友人にはブログ記載許可を頂いております。

  続きを読む

Posted by にぼし ( ai ) at 13:44Comments(0)つぶやき

2012年05月13日

OP ブルバレル 7.5インチ

こんにちは、aiです。


今日は母の日ですね。
最近荒れていた天気も落ち着いて、お出かけ日和。
昨日はとても寒かったですが明日は最高気温23度と暖かさも戻ってきそうです。


本日は番外編です・・・。



OP Bead-Blasted Stainless Barrel 7.5" for WAM4

国内で手に入るWA M4バレルのうち、最高峰と言われる OP バレル です。
これ1本にちょこっとプラスすると次世代電動ガンが買えるトンデモ価格です・・・。

前々から「ほしいな~ほしいな~でも高いな~」とブツブツ呟いていたら友人がお安く譲ってくれました。

オークションで落札したらしいのですが、彼はまったくの未使用で保存していたそうで、実質セカンドオーナーになるのかな?

前のオーナーさんも組込みすらしていなかったようで、ガスブロックやバレルナット取り付け時につく傷もありませんでした。
キレイすぎて組み込むときに傷つくのがもったいないです;;


表面にブラスト処理が施された国産高級ステンレス:SUS303CNC削り出し一本物。 しかも国産。

小ロットでしか製作できず、しかも国産・・・これはあの価格も納得ですかね。  それでもやっぱり手が出しづらいですが・・・。


ハイダーネジはアダプター式になっており、インチと変更が可能です。
購入時に3種類から1つ選べるそうな?  このアダプターも大変高価です・・・。
嬉しいことに、インチネジが付属していました。 実ハイダー持ってないけど・・・(フラグ)



奥:Prime Diplomat ステンレス 7.5インチ アウターバレル 前:OP Bead-Blasted Stainless Barrel 7.5"

・・・ごめんなさい、一度組込みをしてバレルナット取り付け時に傷を付けてしまいました・・・。
両方ともHOP調整用の穴はありません。
RASを組み込むときに問題になってくるフランジの厚みは、OP製ははじめから薄く設計されています。

ただ・・・Prime にはバレル基部のくびれがありませんが、OPバレルにはあります。


実はNoveskeのバレルにはくびれがないんですよね・・・。
OPバレルはブラストがとても美しく、ホームページにも実Noveskeの表面処理と比較した写真も掲載しているので
てっきりNoveskeをモデルアップしたのかと思っていましたが、そうではないようです。
( ※間違った解釈かもしれません。詳しい方がいらっしゃいましたらぜひご説明を・・・ )


この点、Primeはしっかり再現しているのかな、と。Noveskeの刻印も入っていますから、こちらは言い訳できないですよね(笑)



OP バレル:343g


Prime バレル:342g

意外なことに、両方ともほぼ同重量でOPバレルのほうが1gだけ重かったです。
この長さでこの重量・・・おそろしいです。 こんなんで14.5インチだったら・・・(ガクガク


どの角度から見てもキレイですね・・・。
ブラストにもムラが見られません。
ただ、ブラスト加工品って汚れがつくと落ちにくいんですよね・・・。

なんてときはこれ。


WAKO'S シリコーンルブリカント
ブラスト加工されたモノの手入れをするのにちょうどいいんです。
マイクロファイバークロスと一緒にAmazonで購入したのですが、このクロスも結構使い勝手がいいです。
これからの季節、オイルをクロスでなじませて保管してやらないと錆びが出るかもしれないですね・・・。心配です。


TROY TRX STD 7.6"とツーショット。

たぶん組むとしたらこの組み合わせなんじゃないかと・・・。
OPバレルとTRXを並べるとPrimeバレルよりリアルなのでしっくりきますね。

現状、14.5インチのエアボーンバレルを使っていますが、エアボーンバレルはA7075削り出しで軽量、実用的で気に入っています。

それに対して、OPバレルは美術品のようです。

組んだらゲームに持って行きたいと思っていましたが、これを持って外を走り回る自信がないです・・・。

今は予備のアッパーがないので組むことはできませんが、そのうち組んでみたいですね。


先が長い話になりそうですが・・・。

金欠 ai でした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 11:36Comments(2)GBB Prime M4

2012年05月10日

Noveske Gun Fighter チャージングハンドル

こんばんは、aiです。


今朝はとても晴れていたので、窓を開けて部屋の片付けをしようとしていたら・・・突然の豪雨
いや、天気予報では出ていたんですが、あそこまで酷いものとは・・・。
一瞬で畳がびしょ濡れにorz



本日は、前回最後の画像の "アレ" をご紹介します。



Noveske Gun Fighter チャージングハンドル
チャージングハンドルは全然購入する気なんてなかったのですが、ビールボーイのReload M4!のいしやんさんの記事を読みまして・・・。
せっかくなら、新宿エアボーンさんでつくられている "最高のボルトキャリア" に合ったチャージングハンドルが欲しい!と思ったのです。
安い買い物ではありませんでしたが・・・。


白く輝く "NOVESKE" の刻印がまぶしいです。
Gun Fighter のレプリカはよく見かけますが、この刻印のモノはなかったような・・・?


しかもこのチャーハン、BCMVLTORの刻印も入ってるんです!
これはBCMのOEMをVLTORがつくって、そのOEMをNoveskeがつくっているという解釈でよいのでしょうか?


奥:Prime 手前:Noveske
標準のチャーハンに比べて大型のMod4ラッチがついているので、左手の小指だけでも操作ができます。
Prime製にくらべてスプリングのテンションが強めで、ラッチを引いたときも「チャキッ チャキッ!!」という操作感があります。


左:Prime 右:Noveske
Primeチャーハンには先端にスチールのプレートが付けてあります。
これを付けておかないと、ものすごい勢いでブローバックするボルトキャリアの衝撃で、
アッパーのチャーハンのラッチがかかる辺りが潰れてきてしまうそうなのです・・・。
Noveskeチャーハンのほうはガスチューブ用の穴が開いているので、対策パーツがないとダメですね。


奥:Prime 手前:Noveske
こうして並べてみると、Prime製はグレーがかった黒、Noveske製は真っ黒、という印象ですね。
Primeのチャーハンはチャキチャキやってるとラッチのピンが抜けてきてしまうことがあったのですが
Gun Fighterはラッチのピンにかかる負担が少ないつくりになっているそうなので、チャキチャキやりまくっても安心ですね!


と言うわけで装着!

がらりと印象が変わります。



チャーハンを引くと・・・✧*。ヾ(。>﹏<。)ノ゙。*✧
ちらりと見えるNOVESKE刻印が萌えポイントですね。
ホント、これがやりたかっただけなんですが(笑)

嫁に「これがな!この刻印がな!!」と目をキラキラさせながら説明したのですが
熱意が通じたのか、「そうかそうか」と言ってもらえました。(ウヒヒ


エアボーンボルトキャリアが楽しみで待てないaiでした。
  

Posted by にぼし ( ai ) at 22:22Comments(2)GBB Prime M4

2012年05月06日

Iron Airsoft製 ファイアリングピンブロックセット 調整

こんばんは、aiです。

本日、秋葉原のエチゴヤさんへ行ってきました。
お恥ずかしながら、実は初めて行ったんです。
カメラを持っていかなかったので写真は撮れませんでしたが、普段なかなか見れない高額機器(汗)を見ることができて嬉しかったです。


意味の分からない写真シリーズ


ところで、先日交換したファイアリングピンブロック、ボルトストップですが・・・

交換後からボルトストップのかからない不具合が発生し、ぐわああああああああああああという状態でした。
                                                 ↑お察しください・・・

残弾ゼロのマガジンでトリガーを引いたとき、ボルトストップがかからないときの悲しみときたら・・・もう・・・



ボルトストップの干渉しているところをあちこち削りましたが、問題は赤丸部分にあったようです。
なんと、ここがノズルに干渉していたんですね・・・。
ボルトキャリアを取り出してみたら、ボルトストップに干渉する部分のノズルが見事にズタズタになっていました・・・。


はい、比較していただけると分かると思いますが、矢印の干渉部分をガッツリ削りました。


上から見るとこんな感じに。削っては組み立てて試射・・・を繰り返して、ようやくアタリが取れました。


削りまくってズタボロになったままだと可哀想なので、フロンティアさんで
BIRCHWOOD製 Super Blueを購入してきました。


結構ムラになっちゃいましたが、とりあえず傷だらけなのは直ったので・・・
ブルーイングは素人なので勘弁してくださいorz


組み上げた結果、バッチリ残弾ゼロでボルトストップがかかるようになりました!!
キェェェェェェアァァァァァァカカッタァァァァァァァ!!!

やっぱりGBBはボルトストップがかかってなんぼですよね!

無事に動作するようになって安心しました・・・。


ん?最後の写真になにか写って・・・これは・・・? ハイ、次のネタです。たぶん。

安堵のaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 22:10Comments(2)GBB Prime M4

2012年05月04日

Iron Airsoft製 ファイアリングピンブロックセット 組込み

こんばんは、aiです。

最近雨ばかりでまた具合が悪いです(◞_◟;)

早く晴れてほしいという願いをこめて・・・。なんつって。

本日はこちら。

Iron Airsoft ファイアリングピンブロック・ボルトストップ

WA M4に対応するファイアリングピンブロックはNeBula、AABB製がメジャーでしょうか。
KSKという国産メーカーがSUS削り出しのモノを出していたようで、シルバーと黒染めがあったようなのですが絶版してしまったようです。(詳しく分かりません)

なぜIron製にしたかと言うと、もちろんこいつが黒いからです。
いや、染めればいいのかもしれないですけどね・・・。



パーツ構成はこんな感じです。
細かいスプリングが2本、ピンが1本入っているので紛失しないように気をつけてください。


組み上げるとこんな感じです。


ボルト1本締めて、ピンをさすだけなので簡単です。


見えないところなのですが、矢印部分の仕上げがいい加減でした。
バリが残っていたり、峡谷のようになっていたり・・・。贅沢を言うと、こういうところもきれいに仕上げてほしいですよね。


純正ファイアリングピンブロックを取り出して気づいたのですが、Iron製には赤丸のパーツが付属していませんでした。
販売元が送料の節約でブリスターパックから出して袋詰めしていたようなので、そのときに紛失したんじゃ・・・とか思いましたが実際どうなんでしょうね。
赤丸のパーツは矢印部分に入っていたものですが、Iron製に移植してやりました。



Iron製はそのままではロアフレームに入らなかったので、矢印の部分を削りました。
ここはアタリを見て削り過ぎないようにしましょう。


実は一番当たっているのはこっちでした。
矢印部分のシルバーになっているところをまるごとリューターで削り飛ばしました。

へたくそな手加工なので傷らだけに・・・せっかく黒いのに・・・染め液買って来ないとですね(汗)



Before:純正ファイアリングピンブロック


After:Iron製ファイアリングピンブロック

細かい差ですが、フィールドストリップしたときの印象が変わりました。

無意味にフィールドストリップしてニヤニヤするわけですね。


しかし問題も・・・そのまま組んだ状態だとPro-winマガジンでボルトストップがかかりませんでした・・・。

純正に比べて寸法がきっちりしすぎていて遊びがないので、それが原因かと思いますが・・・。

今日は削る元気がないのでここで終わりです。


更新再開1記事目のaiでした。  

Posted by にぼし ( ai ) at 23:49Comments(2)GBB Prime M4