スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年04月12日

手軽にスナイパーストック

こんばんは、aiです。

毎回お久しぶりです、という感じになってしまいますね。
更新はこんな感じのスローペースのほうが自分に合ってるのかな、と思います。

今日紹介するのはこちら。




知ってる人は知っていると思うのですが、これだけ見ると「なんだこれ?」ですかね(笑)


今のところ、MAGPUL用とSOPMOD用がリリースされているようですが、今回はMAGPUL用をご紹介。

タイトルにあるとおり、MAGPULストックの後端に取り付けて手軽に本格的なスナイパーストックをつくれるようなアイテムです。


今回は手持ちのUBRで試してみます。

ちなみにCTR、MOE、ACS、ACS-L、UBR、STRと幅広いMAGPULストックに対応しています。

これ自体の本体重量も490g340g程度と軽量なのでCTRなどに取り付けて軽量スナイパーストック!なんてこともできそうですね。
※訂正、重量に間違いがありました。12オンスなので約340gだそうです。

それでは早速取り付け。


まず画像の六角ボルトを外します。


これで上にスライドさせてパーツを2つに分解できます。


UBRのパッドをレンチではずし、S.A.P.R.の基部パーツをボルトで固定します。


次にチークパッドのパーツをスライドさせて装着します。


一番最初にはずしたボルトをしっかり締めて固定します。


ちなみにこのチークパッドの高さの調整幅は最大でこのくらい。結構高い位置まで調節がききます。


写真ではバットパッドがすでに着いていますが、この段階ではまだつけないほうがいいです。


肩に当てて構えた際にちょうどいい位置にバットパッド基部の角度を調整します。

このバットパッド基部の調整も角度、高さともにかなり調整幅があるので体にあった調節が可能です。


角度を調節してレンチで締めこんだあとにバットパッドを装着します。


組み込むとこんな感じになります。

元々スナイパーストックっぽい感じのUBRに取り付けると完全にそれになってしまいますね(笑)

UBRは結構重量があるストックなので、CTRとかMOEあたりの軽量ストックに取り付けるといいんじゃないかと思います。


このアイテムのすごいところは調整幅と、このチークパッドにあります。


搭載してあるスコープなどが破損した際はこのチークパッドを・・・グイッと


ワンタッチでバックアップサイトを使える本来の高さに切り替えることができます。


なーんてことを詳しく紹介した動画があるので参考にどうぞ。




明日は手土産をもっていしやんさんとオフ会です!


追記:

気づかなかったのですが、どうやらStickmanの写真でずいぶん前から紹介されていたようです。
やっぱりCTRについてるほうが格好いいですね。  

Posted by にぼし ( ai ) at 22:56Comments(2)GBB Prime M4